再び高騰する原油価格

リビアを含む産油国での政情不安で原油価格が高騰している。
リーマンショック時にも高騰していたが、その時はユーロ高で、ガソリンへの価格の上昇が抑えられていた。

現在ではリーマンショック時ほど原油が高くなっていないにもかかわらず、ガソリンの高騰はリーマンショック時を上回る勢いだ。

日本ではリーマンショック時と比べ円高になっているために、ガソリン価格の高騰は比較的抑えられているのと対照的だ。

しかしフランス人の中には、この政情不安に乗じて価格をつり上げていると思っている人がいる。原油が値上がれば、ガソリン価格はすぐに上がるが、原油価格が下がっても、ガソリン価格が下がるまでに一週間もかかっていると、言います。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  2. 衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  3. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  4. ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  5. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  6. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  7. フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
ページ上部へ戻る