再び高騰する原油価格

リビアを含む産油国での政情不安で原油価格が高騰している。
リーマンショック時にも高騰していたが、その時はユーロ高で、ガソリンへの価格の上昇が抑えられていた。

現在ではリーマンショック時ほど原油が高くなっていないにもかかわらず、ガソリンの高騰はリーマンショック時を上回る勢いだ。

日本ではリーマンショック時と比べ円高になっているために、ガソリン価格の高騰は比較的抑えられているのと対照的だ。

しかしフランス人の中には、この政情不安に乗じて価格をつり上げていると思っている人がいる。原油が値上がれば、ガソリン価格はすぐに上がるが、原油価格が下がっても、ガソリン価格が下がるまでに一週間もかかっていると、言います。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. espace sans tabac
ページ上部へ戻る