危険な犬には飼育許可が必要

フランスでは2010年に入り、新しい制度の導入が始まっている。先日はシニアの雇用促進についてお伝えしたが、今回はペットの飼育許可制度についてお伝えしよう。

新しく始まったのは、危険な犬を飼育する際に、飼い主が許可証を取得する必要があるというもの。取得するには犬の音や周囲への反応を観察したり、身体検査、さらに飼い主が特別講義を受講することが条件となる。

マスティフやピッツブルなど危険とされる犬は推定30万匹以上もフランス国内に存在する。危険とされる犬種は他にも、アメリカンスタッフテリアやロットワイラーなどで、最近は日本でも珍しくなくなってきた品種だろう。

ちなみにこのマスティフは、アジアからイギリスに伝わった犬種でその歴史は古い。ローマ軍がイギリスに侵攻した際もローマ軍と戦ったとか、ローマ軍が連れて帰り闘技に使用したそうだ。もともと闘犬、番犬なのだから、ある程度危険でないと意味はないのだろうが、そんなこと現代社会では通用しない。ペットとしての安全性が一番で、犬としても時代に応じて扱われ方が全然違うものである。

さて、飼い主はこの許可証を得るのに250ユーロのコストが必要となる。もちろん、罰金だってしっかりあって、許可証なしに飼育した場合は、4000ユーロ近くの罰金がかせられる他、3ヶ月の禁固刑もありうる。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010/10/25

    産休延長へ
ページ上部へ戻る