国内でも支払い悪く

先日、最低の宿泊客と評されたばかりのフランス人だが、その要因の一つにチップの支払いの悪さがある。これは世界の観光客と比べるまでもなく、フランス国内でもその現象は顕著で、チップが義務でないいまや、チップを支払う人が激減。30%近くチップの収入が減っているそうだ。

チップを出すか出さないかの基準は個人に委ねられる。いいサービスを受けたと思えばチップを弾むこともあるし、その逆もしかり。

それでも観光地でのチップ収入はまだましのようで、外国からの観光客が弾んでいく。チップの支払いがいいのがアメリカ人、ロシア人、イギリス人の順番だそうで、フランス人は上位には入ってこない。

財布の紐が堅く他人のサービスには厳しい?フランス人は国内外ともに支払いが悪いようだ。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  2. 毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  3. 次世代原子炉が元凶フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  5. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  6. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  7. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
ページ上部へ戻る