安さを求めた闇市が社会問題へ

フランスではパリ郊外の一部の地域で、もぐりの街頭販売が急増し社会問題へと発展している。

問題のこの闇市は一年ほど前から急増。無許可で路上に店を出し、ニセブランドの衣料品から、賞味期限切れの食品、携帯などありとあらゆるものを販売している。この闇市の影響で、周辺の商店の売り上げも低下。3分の1近く売り上げが下がった店も出ている。

こうした事態に、近隣住民も立ち上がり闇市撤去のためのデモを行うまでに発展している。地面が汚れる、不衛生で結核感染の可能性が高まっている等々、住民の怒りの声は止まらない。そして、ついに闇市を監視する治安部隊までもが出動する騒ぎとなった。

力づくでこの闇市を撤去することはさほど難しくはない。しかし、生活に困窮し、安物しか買えずにいた人々にとっては既に闇市なしには暮らせないといった声もある。不景気の中、安さを求めざるを得ない社会を作ったのは誰か。闇市の問題はこの経済社会が生み出したまさに「闇」のようだ。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2009-5-4

    便利なパリ、グランパリ計画

    フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  2. 2015-5-27

    フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  3. 2010-10-25

    産休延長へ

    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  4. 2009-12-4

    フランスの犬事情

    フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  5. 2011-3-28

    フランスの救助部隊満足に活動できず

    フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  6. 2018-5-19

    アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
  7. 2015-7-17

    ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
ページ上部へ戻る