宝くじでアフリカ支援

欧州で発売されている宝くじというと「ユーロミリオンズ(EuroMillions)」がある。

2004年に発売が開始されたもので、2006年2月には、1等当選金が1億8350万ユーロ(約277億5000万円)にのぼり、ポルトガル人1人とフランス人2人が分割して受け取ったり、2008年にはイギリス人の女子高生が約13億円を獲得、その多額の当選金で人気がある。

さて、今回フランス政府が計画している宝くじはちょっと毛色の違うもの。インターネットによる宝くじの販売で、その収益をアフリカ援助にあてる予定だ。

支援団体からは、国の負担を軽減したいだけでは、という疑問の声もあがっている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 長寿大国は日本?フランス?

    世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  2. フランスでもブルカ禁止法案

    先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  3. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  4. ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  5. フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial