日本で発生した地震について − アラン・ジュペの声明(2011年3月12日)

 外務・ヨーロッパ問題担当省は、地震および津波の被災者に対する援助活動に関し、日本の関係当局を支援することに全力を注ぐ。

 我々の支援の提案に対し、日本政府からは好意的な回答が返ってきた。支援の正確な形態を決めるために、日本政府と連絡を取りあっている。レスキュー、原子力安全またはその他の分野でフランスが持っている手段を、日本側が表明する希望に応じて、できるだけ早い時期に動員する。すでに2隊の派遣救援隊が今夜にも出発することになっている。

 現地では大使館が在日フランス人たちと常時連絡を取り、持ちうる限りの情報を提供し、このような事態に対処するのに必要な安全に関する適切な指示を出している。

 我々は、被災地域にいて、まだ連絡の取れないフランス人を探すことに特に努力を払っている。現地での通信の問題によりこの捜索には時間がかかるであろう。

 パリの外務・ヨーロッパ問題担当省の危機管理センターでは、昨日の朝から、主に親類などを心配する家族からの1,800件の電話を受けた。

 私は、日本政府と日本国民の機動力、勇気、毅然とした態度に敬意を表し、この試練のときにフランスの連帯の気持ちを重ねて表明する。

フランス大使館広報部発表(2011/3/13 16時)

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. バカンスはエコロジーか?

    7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  2. 日・仏社会保障協定発効

    現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  3. Billboard Liveにジェーンバーキン出演

    六本木にあるBillboardLiveが大阪に続き横浜にもオープンします! 4月12…
  4. 日曜日も働きたい?!

    まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルより フランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  5. フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial