最低の旅行客は誰?

エクスペディアが行った調査によると、宿泊客として最も評価が高いのは日本人、最下位はフランス人だった。

調査は6月、世界各国のホテル関係者約4500人にアンケートを実施。27ヶ国の旅行者について礼儀正しさやチップの額など9項目の評価を訪ねた。

日本人、続いてイギリス人、カナダ人がトップ3。ワーストスリーはフランス、スペイン、ギリシャ、トルコという結果に。フランス人の評価が低いのは外国語への順応性、寛大さが足りないということらしい。さらにチップの額が最も低く、ケチ、とみられている。

世界でも観光客が最も多く訪れる国であるフランスだが、その国のフランス人が旅行をすると評判が悪いというのは何とも面白い結果だ。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  2. フランスの地方分権

    今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  3. 産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  4. 次世代原子炉はコンコルド(超音速旅客機)となってしまうのか?

    次世代原子炉が元凶 フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  5. フランスは世界の学力で中位

    OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial