最低の旅行客は誰?

エクスペディアが行った調査によると、宿泊客として最も評価が高いのは日本人、最下位はフランス人だった。

調査は6月、世界各国のホテル関係者約4500人にアンケートを実施。27ヶ国の旅行者について礼儀正しさやチップの額など9項目の評価を訪ねた。

日本人、続いてイギリス人、カナダ人がトップ3。ワーストスリーはフランス、スペイン、ギリシャ、トルコという結果に。フランス人の評価が低いのは外国語への順応性、寛大さが足りないということらしい。さらにチップの額が最も低く、ケチ、とみられている。

世界でも観光客が最も多く訪れる国であるフランスだが、その国のフランス人が旅行をすると評判が悪いというのは何とも面白い結果だ。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  2. フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  3. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  4. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  5. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  6. 日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  7. 今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
ページ上部へ戻る