産休延長へ

フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。EUの加盟国全てで産休を20週に延長し、父親向けの2週間の育児休暇も盛り込まれた。これは、ヨーロッパ全体での出生率を引き上げる目的がある。

フランスの産休は16週で、これはヨーロッパの平均値。ドイツやベルギーでは15週、イタリアは20週、イギリスは26週、スウェーデンでは75週の産休がとれる。

産休に関して、そして父親の産休に関しても国ごとで随分違いがある。フランスでは父親がおよそ3分の2が14日のの産休を取るが、比較的若い30代前半では75%も取得するらしい。

イタリアでは、母親が赤ちゃんが生まれて3ヶ月は家にいることが義務づけられているが、男性の産休取得率は1.6%しかない。イギリスではブレア首相が産休を取ったことで一気に広がったりしている。

フランス政府は、13億ユーロの追加支出が発生するため、この提案に反対している。最終的な決定は全て加盟国の政府が集まるEUの閣僚理事会で行われる。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  2. ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  3. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  4. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  5. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  6. セバスチャン・マルニエ監督
    https://youtu.be/-DVY9NpXM8w セバスチャン・マルニエ監督 インタビュ…
  7. フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
ページ上部へ戻る