移民キャンプ撤去

エリック・ベッソン(Eric Besson)移民担当相が、ジャングルと呼ばれる移民キャンプの強制撤去に踏み込み、ヨーロッパで大きなニュースとなった。

移民キャンプは最大で800人が滞在していたこともある大規模のもので、強制撤去時は200人程度の規模のものだった。強制退去させられた大人たちは留置所に移送されたが、その半数以上が未成年者だったという。

強制撤去は、警告がなかったのではなく事前に通報されていた。しかし、警察が乱暴だと人道支援団体から非難を浴びている。

EUの抱える移民問題への関心が高まっているのか、EU各国から150人以上のジャーナリストが集まり各国にその光景を報道した。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  2. フランスの財政問題

    壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  3. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  4. ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  5. 日曜日も働きたい?!

    まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルより フランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial