移民キャンプ撤去

エリック・ベッソン(Eric Besson)移民担当相が、ジャングルと呼ばれる移民キャンプの強制撤去に踏み込み、ヨーロッパで大きなニュースとなった。

移民キャンプは最大で800人が滞在していたこともある大規模のもので、強制撤去時は200人程度の規模のものだった。強制退去させられた大人たちは留置所に移送されたが、その半数以上が未成年者だったという。

強制撤去は、警告がなかったのではなく事前に通報されていた。しかし、警察が乱暴だと人道支援団体から非難を浴びている。

EUの抱える移民問題への関心が高まっているのか、EU各国から150人以上のジャーナリストが集まり各国にその光景を報道した。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る