移民キャンプ撤去

エリック・ベッソン(Eric Besson)移民担当相が、ジャングルと呼ばれる移民キャンプの強制撤去に踏み込み、ヨーロッパで大きなニュースとなった。

移民キャンプは最大で800人が滞在していたこともある大規模のもので、強制撤去時は200人程度の規模のものだった。強制退去させられた大人たちは留置所に移送されたが、その半数以上が未成年者だったという。

強制撤去は、警告がなかったのではなく事前に通報されていた。しかし、警察が乱暴だと人道支援団体から非難を浴びている。

EUの抱える移民問題への関心が高まっているのか、EU各国から150人以上のジャーナリストが集まり各国にその光景を報道した。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  2. フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  3. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  4. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  5. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  6. 日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  7. 数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
ページ上部へ戻る