移民キャンプ撤去

エリック・ベッソン(Eric Besson)移民担当相が、ジャングルと呼ばれる移民キャンプの強制撤去に踏み込み、ヨーロッパで大きなニュースとなった。

移民キャンプは最大で800人が滞在していたこともある大規模のもので、強制撤去時は200人程度の規模のものだった。強制退去させられた大人たちは留置所に移送されたが、その半数以上が未成年者だったという。

強制撤去は、警告がなかったのではなく事前に通報されていた。しかし、警察が乱暴だと人道支援団体から非難を浴びている。

EUの抱える移民問題への関心が高まっているのか、EU各国から150人以上のジャーナリストが集まり各国にその光景を報道した。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  2. Photo: © Philippe Quaisse / UniFranceハッピー・バースデ…
  3. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  4. まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルよりフランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  5. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  6. 日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  7. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
ページ上部へ戻る