2021年、フランスの産業界は「記録的」な年に…しかし、違いはある!

フランスの産業界は、2021年に記録的な年を迎えました。2018年から悪化し、コロナウイルス問題でアクセントがついた後、数値は良いのですが、2022年は状況が変わる可能性があります。

工場新設プロジェクトは閉鎖よりも多く、フランス産業はデジタル部門に次ぐ32,000人以上の雇用を創出しました。フランスの産業は、特に皮革と靴のセクターのおかげで、トップに立っています。経済データ会社であるトレンドマイクロは、この1年間で、プラス収支を描きました。

しかし、再工業化について語るにはまだ早すぎる。Trendeoは2022年の減速を懸念している。すでに、金利やインフレ率の上昇など、いくつかの指標は正しい方向に進んでいないからです。供給の混乱は依然として続いており、昨年3倍に増えた移転は年明けに大きく減少しています。

大型プロジェクトの不足

フランスは他のヨーロッパ諸国に比べて遅れており、主に東ヨーロッパで展開されている従業員250人以上の大規模な産業プロジェクトからは外れています。しかし、より多くのプロジェクトを、より早く立ち上げるドイツ勢にも遅れをとっています。

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220409-2021-une-année-record-pour-l-industrie-française-mais-à-nuancer

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 466