クリスマス休暇の前夜、イギリス人はフランスに旅行できないことを心配している

休暇でフランスに来ようとするイギリス人に対する更なる新たな制限:土曜日から、英仏海峡を渡るためのやむを得ない理由、24時間以内のPCRテスト、インターネット上でのフランスの住所の登録が必要となる。今のところ、このことはフランスには関係ない。クリスマス休暇を2日後に控えたセント・パンクラスからのレポートです。

ロンドン特派員のマリー・ボエダと。

ヒラリー夫妻は、キャスター付きのスーツケースと暖かいコートを持って、ユーロスターに乗るのを待っています。コヴィッドのために2年以上も会っていなかったので、この休暇をぜひとも取りたかったんだ。私たちは1週間滞在します。先にフランスから追放されない限り…” “このような新しい規制は意味がない。” “変種はすでにどこにでもある。”と言っています。

また、Covid: オミクロンに直面し、フランスは英国との管理を強化する。

英国ではまだ新たな感染者が

すぐ向かい側では、チケット交換の列が伸びており、マスクで旅行者のイライラを隠しきれていない。ケンはフランス人だから帰れるはずだが、クリスマスを一人で過ごすかもしれない恋人のことが心配だ。

“イギリス人の彼女が21日に合流し、5日間のクリスマスを一緒に過ごす予定だったのです。どうするのか分からないので調べているのですが、とにかくインターネットではチケットの変更もできないし、電話しても全部混んでいるんです。だから、ここに来なければならないのです。

木曜日、英国では新たに88,000人の患者が発生し、パンデミック開始以来、1日の患者数としては最高となりました。

フランス側では、パリの北駅で出会った乗客たちが目撃したのと同じような言動があった。

プラットフォームの先には、2つの陣営があります。極限状態で孤立を避けた人たち・・・そして、まだ人を待っていた人たち・・・。

https://www.rfi.fr/fr/europe/20211217-à-la-veille-des-vacances-de-noël-les-britanniques-s-inquiètent-de-ne-pas-pouvoir-voyager-en-france