フランスのCovid-19:オミクロンの変種に対応した新たな措置が月曜日に期待される

10万人以上がウイルスに感染:今週末、フランスはCovid-19の感染者数で新記録を樹立しました。エマニュエル・マクロンは、ビデオ会議で政府を集め、防衛会議、そして今週月曜日の午後には閣僚会議を開き、大晦日の祭典の前に新たな措置を採択する。

オミクロンの変種を止めるという選択肢はもうない。しかし、すでに「デルタ」バリエーションで大変なことになっている病院を飽和状態にしないためには、その進行を遅らせる必要があります。

そのために、政府は主にワクチン接種に頼っている。ワクチンパスに関する法案は、今週月曜日に採択され、できれば1月15日までに発効される可能性がある。その日から、映画館やレストランに行くにも、ワクチンの接種が義務づけられることになる。

制限された新年

月曜日の健康防衛会議で、2つの問題が議論されます。花火の禁止、公道での酒類・食品の販売禁止、大きなイベントの回避、そしてもちろんディスコの閉鎖の維持などである。

このようなことがストレスになり、人と人が対立することを望んでいないのです。

Les Français partagés face aux mesures envisagées par le conseil sanitaire 

月曜日に行われる2つ目の質問は、接触症例の隔離期間についてです。1月初旬に国内がマヒしないように、現在有効なルールは変更しなければならない。現在、オミクロン変異体に感染した患者と同居している人は、たとえ陰性であっても最大17日間隔離しなければならない。

経済を救う

RFI政治部のジュリアン・シャバンヌが説明するように、エマニュエル・マクロンは、科学評議会がウイルスの急速な拡大について警告したのを聞いている:もし多くの労働者が病欠すれば、企業や公共サービスが麻痺する危険がある。そのため、隔離ルールを低くすることができたのです。例えば、17日間の隔離期間を10日間に短縮することも可能です。

しかし、この感染症の急増により、特にワクチン未接種者の中に一定数の犠牲者が出ることが危惧される。約600万人いるので、このウイルスによる過剰死亡の危険性があります。

Patrick Berche, professeur de microbiologie, décrit une situation préoccupante en France 

したがって、政府は現在17日間の検疫と決められている隔離規則を緩和すべきである。経済を停滞させることなく、バリアントの普及を遅らせる…。2022年も2021年と同様に、エマニュエル・マクロンの稜線は変わらない。

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/france/20211227-covid-19-en-france-face-au-variant-omicron-de-nouvelles-mesures-attendues-ce-lundi

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 881
Enable Notifications OK No thanks