フランスでは、10代の若者の5人に1人がネットいじめの被害に遭っています。ゲッティイメージ

フランスでは、10代の若者の5人に1人がネットいじめの被害に遭っています。

Caisse d’Épargneとe-Enfance協会のスポンサーシップの一環として行われた調査では、インターネットやソーシャルネットワークの利用に関連したこの現象の広がりが明らかになっています。

ウェブカムでの脅迫、品位を落とす写真、侮辱的なメッセージ、2010年生まれの子供に嫌がらせをする命令など、不条理なキーワードでソーシャルプラットフォーム上に広まる馬鹿げた挑戦など、ネット上での暴力の惨劇は常に増加しています。

しかし、ネットいじめが被害者である子どもや青少年のほとんどに悪影響を及ぼし、その影響が長期にわたることを示す研究結果が、長い間積み重ねられてきた。このため、Caisse d’Épargneとe-Enfance Associationは、画期的な調査結果を発表しました。フランスにおけるネットいじめの目録は、拡大するネットいじめの現象に対処するために、家族が直面する問題をよりよく理解するためのものである。

適切なサポートの必要性

保護者の10人中8人近くが、ネットいじめが発生した際に心理的なサポートを提供することが有用であると考えており、3/4近くがこのリスクを学校保険に含めるべきだと感じています。このシステムは、9月29日からヴィルフランシュ・シュール・ソーヌのノートルダム・スクールセンターでテストされています。4,200人の学生のうち、2つのコレージュと2つのリセを合わせた400人が対象です。残念ながら、保険がすべてではなく、若いインターネットユーザー自身がウェブの危険性をほとんど認識していないと、e-Enfance協会の事務局長であるJustine Atlan氏は指摘します。

報告書によると、ネットいじめの被害者の大半(51%)は、平均して13歳の少女です。これらの子供たちは、インターネットを利用する時間が長く、最も設備が整っており、複数のソーシャルネットワークやオンラインゲームサイトに登録していることが多い。

3018 無料・秘密厳守の電話番号

さらに、質問した若者の30%が、ウェブやソーシャルネットワークで知らず知らずのうちに遭遇したコンテンツにショックを受けたと答えています。しかし、この暴力に対抗するための多くのツールが開発され始めています。例えば、全国共通番号「3018」では、被害者やその親を無料で、匿名で支援しています。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
シェアしよう!