フランス、電気料金値上げ

フランスではエネルギー料金の値上がりが続けています。


消費者団体は来年一月の電気料金の大幅な値上げに警告を発していす。十パーセントの値上がりになるとみられています。暖房を電気に頼る家庭では年間平均150ユーロの値上げとなり。消費者団体では、国が対策を取るよう呼び掛けています。

消費者団体によれば2020年の電気料金は10%の値上げとなりそうです。もう消費者にとっては悪いニュースですね修復できるキャッシュフレデリックれ賀集さんはオール電化住宅に住んでいますちょっと乱暴も湯沸かし器も自転車も調理用プレートも全部電気ですまだおねあそこ最適女の子だった時代は既に三千三十五十代から三千百八十七色に増えました百五十の増加でフレデリックさんは受け入れがたいと次のように語りますそしてできるだけ環境に優しいエネルギーを利用しエネルギーの節約にも努めているのに値段はさらに上がるですね僕はそ

その主な理由はフランスのエネルギー市場の構造にあります。競争を促進するため国はフランス電力に対し発電量の25%を定額でライバル会社に売るよう義務づけています。しかし、それでは需要を満たすのに十分ではないため、ライバル会社は外国の電力会社に不足分を頼るようになり、それにより費用が2倍かかるようになったのです。

結局フランス電力以外の他の電力会社の市場シェアを保護するために、人為的に電気の統制価格を引き上げて、ライバル会社のいただくなるようにしているのです。本当に電気料金の値上がりを阻止するため消費者団体は国に対し市場の動きに介入し、電気料金に関する税金を引き下げるよう要請しています。

シェアしよう!