エマニュエル・マクロンは、ウクライナを歓迎する「ヨーロッパの政治共同体」を望んでいる

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、今週月曜日にストラスブールで、特に数年または「数十年」かかるEU加盟手続き中に、特にウクライナを歓迎する「ヨーロッパの政治共同体」の創設を求めた。

ヨーロッパの日のスピーチで、エマニュエル・マクロンは、ロシアに侵略されたウクライナはすでに「私たちの組合のハートメンバー」であり、モスクワは1945年のナチスドイツに対する勝利の大華やかさで軍事記念を組織したと強調した。

しかし、キエフが熱望するEU加盟プロセスは、「実際には数十年かかるだろう」と、並行して「新しい欧州組織」の創設を提案したフランス大統領は強調した。

「この新しい欧州組織は、私たちの価値観の基盤を遵守する民主的なヨーロッパ諸国が、政治協力、安全保障、協力のための新しいスペースを見つけることを可能にするだろう」とエマニュエル・マクロンはヨーロッパの未来会議の閉会で説明した。

マクロンはショルツの支援を受けてイギリスを招待する

フランス大統領はまた、英国がこの新しいヨーロッパの「政治共同体」で「すべての場所」を持つことができると考え、EUのメンバーではなく、近い国を歓迎するよう求めた。

この新しいエンティティは、「おそらく安定性を取り戻す方法であり、欧州連合を離れることを決定したが、この政治界にその地位を持つことができる英国などの国との別の形態の協力でもある」と、再選以来初の国際訪問であるベルリンでの記者会見でフランスの国家元首は述べた。ドイツのオラフ・ショルツ首相が歓迎したアイデアは、この提案を「非常に興味深い」と答えた。

メールマガジン購読

欧州委員会は6月にウクライナのEU候補者の地位の取得について意見を述べる予定で、ウルスラ・フォン・デア・ライエンは月曜日に発表した27人全員によって承認されなければならない長い交渉プロセスへの道を開くだろう。

条約の改正

欧州幹部の大統領はまた、スピーチで「必要に応じて」EU条約を改正し、主要分野における27の加盟国の全会一致の投票を放棄することに賛成した。「私はいつも、いくつかの重要な分野での全会一致の投票はもはや意味をなさないと主張してきました」と彼女は言いました。

エマニュエル・マクロンは、再選以来のヨーロッパに関する最初の演説で、平和の時代や危機の時代に制度的有効性を得るために、欧州議会が提案したように、欧州連合の「条約の改訂」に「賛成」していると述べた。

27のEU諸国のうち13カ国は、月曜日に条約を変更する手続きの開始に反対したと述べた。エマニュエル・マクロンは、この問題に関する加盟国間の「違い」を認識しており、6月のサミットで27人の指導者とこの問題について議論したいと考えています。

 

https://www.rfi.fr/fr/europe/20220509-emmanuel-macron-veut-une-communauté-politique-européenne-pour-accueillir-l-ukraine

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 819
Enable Notifications OK No thanks