EU初、ベルギー議会ブルカ前面禁止へ

ベルギー議会はEUで初めて、イスラム女性が全身をベールで覆うブルカやニカブを、公共の場面で着用することを禁止する法案を決定した。

違反すると15〜25ユーロ、最大で禁固7日間の刑を受けることになる。

お隣フランスではスカーフ禁止法と言って、学校でイスラム女性がスカーフを着用することを禁止しているが、ベルギーでの禁止令はスカーフまでにはいたらなかった。顔が見えれば良しとする、ということのようだ。

ベルギーでのこの法案は、治安上の問題を理由にしているが、欧州ではイスラム女性の人口が増加傾向にあり、全身をベールで覆う姿が目に付き始めたといったところだろう。

ベルギーにせよ、フランスにせよ国際的なイメージもあり、多くの移民を受け入れてきた多様性のある国に見える。が、しかし、その多様性ゆえに許容できない範囲まで、他の文化が入り込んでしまったとも言える。

ベルギーでは女性の尊厳の問題にクローズされているが、公には出せないベルギー人の感情が見え隠れしている。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。中国では人…
  2. 今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  3. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  4. 次世代原子炉が元凶フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  5. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  6. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  7. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
ページ上部へ戻る