EU初、ベルギー議会ブルカ前面禁止へ

ベルギー議会はEUで初めて、イスラム女性が全身をベールで覆うブルカやニカブを、公共の場面で着用することを禁止する法案を決定した。

違反すると15〜25ユーロ、最大で禁固7日間の刑を受けることになる。

お隣フランスではスカーフ禁止法と言って、学校でイスラム女性がスカーフを着用することを禁止しているが、ベルギーでの禁止令はスカーフまでにはいたらなかった。顔が見えれば良しとする、ということのようだ。

ベルギーでのこの法案は、治安上の問題を理由にしているが、欧州ではイスラム女性の人口が増加傾向にあり、全身をベールで覆う姿が目に付き始めたといったところだろう。

ベルギーにせよ、フランスにせよ国際的なイメージもあり、多くの移民を受け入れてきた多様性のある国に見える。が、しかし、その多様性ゆえに許容できない範囲まで、他の文化が入り込んでしまったとも言える。

ベルギーでは女性の尊厳の問題にクローズされているが、公には出せないベルギー人の感情が見え隠れしている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  2. 仏独の目指す欧州経済政府

    20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  3. 国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  4. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  5. 子だくさんフランス

    今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial