フランスは東京の連絡事務所のためのNATO計画を阻止する

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は水曜日、同盟の長がこの地域における中国の影響力の高まりに対抗するために関係を強化したいと述べたため、日本に連絡事務所を開設するNATOの推進に反対した。

フランスは、NATOがユーロ大西洋地域を保護する責任に焦点を当てるべきだと主張して、この動きを阻止した。

ビリニュスでのNATOサミット後の記者会見で、マクロン大統領は「人々が何と言おうと、地理は頑固だ」と述べた。

米国が率いる西側の軍事同盟は、北京の増大する力にますます警戒的な目を向けているため、アジア太平洋民主主義国との協力を強化することを検討している。

そのため、2年連続で、オーストラリア、日本、ニュージーランド、韓国の指導者たちはNATOサミットに出席しました。

NATOは、日本との協力を改善するために、東京に連絡事務所を開設することを計画していた。

「インド太平洋は北大西洋ではないので、NATOが他の地域で何らかの形で正当性と地理的に確立されたプレゼンスを構築しているという印象を与えてはならない」とマクロンは主張した。

マクロンがNATO事務所を拒否したことで、同盟国の外交官は腹を立てている。

NATOのイェンス・ストルテンバーグ事務総長は、日本の首相と会談した後、連絡事務所の開設は「テーブルの上に」残っていると主張した。

彼は、同盟はサイバーや海上安全保障などの分野で東京との協力を深めようとしていると述べた。

ストルテンバーグは、NATOのアジア太平洋地域のパートナーとの会談は、「安全保障は地域の安全保障ではなく、世界的なものであり、したがって、私たちは本当に団結しなければならない」というメッセージを送ったと述べた。

「新しい軍事能力への中国の多額の投資は、それを実証している」と彼は言った。

「中国は2035年までに、北米とヨーロッパ全体、NATOの領土に到達できるミサイルに1,500発の核弾頭を持つと予想しています。」

同盟のチーフは、「これはNATOが世界的な軍事同盟になることではなく、この地域が世界的な課題に直面しており、中国の台頭がその一部であることを認識することです」と述べた。

米国は長い間、NATOのヨーロッパの同盟国に、ワシントンが主要な世界的なライバルと見なしている中国に対してより厳しい路線を取るよう促してきた。

火曜日の声明で、NATOの指導者たちは、ロシアと中国の「戦略的パートナーシップの深化」について懸念を表明した。

そして、彼らは北京に、モスクワにウクライナとの戦争を停止させるためにその影響力を使うよう促した。

(ニュースワイヤー)

https://www.rfi.fr/en/international/20230713-france-blocks-nato-plan-for-a-liaison-office-in-tokyo

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks