エリゼ事務総長アレクシス・コーラー事件

国家財務検察庁(PNF)は10月3日(月)、コーラー氏が「違法な利権獲得」の罪で9月23日に起訴され、「影響力の売り渡し」の罪で証人扱いになったと発表しました。アレクシス・コーラーは、エマニュエル・マクロン大統領の最も近い協力者として、彼の華々しい政治的キャリアが始まったときから考えられています。

国家財務検察官のJean-François Bohnert氏は声明で、エリゼ宮のアレクシス・コーラー事務総長が船主のMSC社との関係で起訴されたことを明らかにした。この情報は、以前、フランス情報社の同僚によって公開されたものです。

9月23日、エリゼのナンバー2が利権の不正取得で起訴された。また、影響力行使のための補助的な証人という、より有利な立場に置かれることになった。ジャスティスは、母親のいとこであるアポンテ家が設立・経営するイタリア・スイスの船主と、彼の家族および仕事上のつながりに興味を持った。

https://www.rfi.fr/fr/france/20221003-france-mise-en-examen-du-secrétaire-général-de-l-élysée-alexis-kohler

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 885
Enable Notifications OK No thanks