フランスの最高裁判所は、奴隷の子孫による賠償の控訴を否定する

フランスの最高控訴裁判所である破棄院裁判所は、フランス帝国の下で奴隷にされた人々の子孫に支払われる賠償金の請求を却下した。フランスは奴隷制を人道に対する犯罪として認識しているが、これまでのところ、被害者の親戚に補償するすべての要求を拒否している。

控訴は、主にフランスの海外領土であるマルティニークに拠点を置く3つの協会と23人の個々の原告によって提起され、奴隷制が「世代を超えた害」を引き起こしたと主張した。

彼らの主張は、主に最近では2022年1月に2つの下級裁判所によってすでに却下され、原告の誰も、奴隷化された祖先が被った虐待に直接的かつ決定的に関連している自分の生活における損害の事例を文書化することはできないと判断しました。

裁判官はまた、問題の犯罪は時効外であると裁定した。

破棄院裁判所は水曜日の決定でこれらの判決を支持した。

「機会を逃した」

原告の弁護士、パトリス・スピノシは、フランスの通信社AFPに「もう一つの機会を逃した」と語った。

国際賠償運動を含む彼のクライアントは、2005年以来、賠償基金の設立を見るためにキャンペーンを行っています。

彼らは次に彼らの事件を欧州人権裁判所に持ち込む予定だ、と彼は言った。彼らの訴訟は、裁判官が彼らの主張が認められると判断した2020年2月に、すでに一度欧州裁判所に提出されています。

「奴隷の子孫は、法的措置によって、いつか歴史が彼らが正しいことを証明しなければならないことを知っている」とスピノシは言った。「時間が、先祖が被った虐待に対する責任を国家に認識させるというこれらの男性と女性の決意には影響しません。」

人道に対する犯罪

フランスが1848年に奴隷制を永久に廃止する前に、100万人以上がアフリカからカリブ海とインド洋のフランス植民地に人身売買されました。2001年、人々の奴隷化と貿易を人道に対する犯罪として正式に認めた。

それ以来、フランスの旧帝国の奴隷制を記念するイニシアチブは増加しましたが、賠償金に対するすべての法的請求はこれまでのところ拒否されています。

これとは別に、ルーヴル美術館は水曜日、奴隷制とそれを廃止するための闘争を記念するために歴史の専門家と提携すると発表した。

世界最大の博物館は、フランス奴隷制度記念財団と協定を結び、イベントを開催し、教育資源を開発し、ツアーガイドを訓練し、奴隷制がフランスおよびそれ以降の歴史と芸術をどのようにマークしたかに光を当てる研究を支援しています。

https://www.rfi.fr/en/france/20230705-france-s-top-court-denies-appeal-for-reparations-by-descendants-of-slaves

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1699
Enable Notifications OK No thanks