フランスの法案は、同性愛で投獄された数千人を補償しようとしています

1942年から1982年の間にフランスで同性愛の犯罪で有罪判決を受け投獄された何千人もの男性を補償する法案が上院で議論されている。

水曜日に上院に提出されたこの法案は、「社会的誤りを是正」し、同性愛嫌悪の抑圧におけるフランス国家の責任を認識することを目的としている。

「私たちはこの苦痛で不名誉な過去を見て、犯した過ちを認めるのに十分な視点を持っています」と、法案を起草した社会主義上院議員フセイン・ブルギはFranceInfoラジオに語った。

フランスは179年にフランス革命中に同性愛を非犯罪化した世界で最初の国でしたが、差別政策はナチスと同盟するヴィシー政権の下で再導入されました。

若者を保護することを装って、ヴィシー政府は1942年に異性愛者と同性愛者の同意年齢の区別を導入した。

その年齢は異性カップルでは13歳に設定され(数年後には15歳に引き上げられたが)、同性愛者では21歳に設定されていた。

何十年にもわたる迫害

同性カップルは1982年まで刑務所の危険を冒し、「道徳的なわいせつ」や「未成年者を放蕩に導く」などの有罪判決を受けた。

社会学者で歴史家のアントワーヌ・イディエは、フランスの通信社AFPに「裁判官は、明示的にそうするつもりはなかったにもかかわらず、同性愛を抑圧するために、はるかに広範な犯罪兵器庫とあらゆる種類の記事を使用した」と語った。

1942年から1982年の間に、約50,000人が同性愛犯罪で有罪判決を受けたと推定されている。

そのうち、10,000人は刑法第331条の下で標的にされた。彼らはほとんどもっぱら労働者階級の男性だった。3分の1は結婚、未亡人、離婚しており、4分の1には子供がいた。

有罪判決の93%が懲役刑を宣告された。

社会学者のレジス・シュラーグデンハウフェンとジェレミー・ゴーティエの調査によると、1960年に刑法に組み込まれた別の「公的猥褥」法の下でさらに50,000人が有罪判決を受けた。

両方の犯罪は、6ヶ月から3年の懲役と数千フランの罰金で罰せられた。

議会の戦い

有罪判決を受けた人々は1981年に恩赦を与えられ、犯罪歴を消去した。

社会主義者の法案は、同性愛迫害政策におけるフランスの責任を祀ることで、さらに進むことを望んでいる。

それはまた、フランスの人々が同性愛のために強制送還されたことを否定する人々のための「否定主義」の新しい犯罪を生み出します。

しかし、フランスの上院、上院が10年前に同性婚を拒否した右翼の共和党に支配されていることを考えると、この法案は既存の形で採択される可能性はほとんどありません。

https://www.rfi.fr/en/france/20231122-french-bill-seeks-to-compensate-thousands-jailed-for-homosexuality

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1749
Enable Notifications OK No thanks