フランスの都市は、マクロンをヒトラーとして描いたポスターの調査を開く

フランスは、南部の都市アヴィニョンの数十の看板で、アドルフ・ヒトラーとしてエマニュエル・マクロン大統領を風刺したポスターが発見された後、公の侮辱と「反乱への挑発」の調査を開始しました。

今週、アヴィニョンの120の広告板に約30枚のポスターが貼られました。彼らは、白髪と口ひげとして刻印された数字「49.3」で、スーツを着た国家元首を示しています。

この数字は、国会の年金改革法を強制するために使用された憲法の条項への言及です。

日刊紙ラ・プロヴァンスに掲載された写真によると、マクロンのイメージは「いいえ、ありがとう」という言葉とハッシュタグ#agirousubir(行動するか苦しむか)で囲まれています。

ポスターは、4月に消去されたアーティストのレトコによってアヴィニョンで作成された壁画の複製です。

レトコは、2022年に同じ壁に消されて以来、マクロンをユダヤ人の政治顧問ジャック・アタリの操り人形として描いたフレスコ画を描いたことが知られている。それは当局によって反ユダヤ主義であると考えられていた。

「彼らは屈辱と悲惨さでどこまで行くのだろうか?プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール地域の大統領、ルノー・ムリエはツイートした」と、このような忌まわしいキャンペーンに従事する人々を可能な限り最も厳しい方法で制裁する時が来た。

アヴィニョンの市庁舎は苦情を申し立てると述べ、警察はポスターを取り除くために動員されたと付け加えた。

検察官は、ポスターの責任者は2ヶ月の懲役と反乱への挑発で7,500ユーロの罰金、大統領を侮辱したことで12,000ユーロの罰金を科せられると述べた。

(AFP)
https://www.rfi.fr/en/france/20230518-french-city-opens-probe-into-posters-depicting-macron-as-hitler

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1694
Enable Notifications OK No thanks