フランスの憲法評議会は、年金改革に関する国民投票の計画を拒否する

反年金改革運動家は木曜日、フランスの憲法評議会が法定退職年齢に関する国民投票を組織する2回目の試みを拒否した後、次のステップを検討していた。

憲法上の問題を裁定する9人のメンバーは、4月14日に最初の提案を却投じた。

水曜日の夜、エマニュエル・マクロン大統領が退職年齢を62歳から64歳に引き上げるのを止めようとする250人以上の主に左翼代議員からの最新の試みを拒否した。

評議会は、共有イニシアチブの国民投票は政策を脱線させるために使用できないと裁定した。

失望

提案を提出した副官の1人であるアーサー・デラポルトは、フランスの新聞ル・モンドに「この決定は、それが私たちの思い通りにいかないかもしれないと知っていたとしても、失望です」と語った。

「それはまた警告だ」と彼は付け加えた。「この挫折は、民主主義と私たちの制度に関する疑問を投げかけます。

「議会は年金改革に投票することができず、現在、憲法評議会は、共有イニシアチブの国民投票は退職年齢ほど深刻な問題には適用されないと述べています。」

代議員のブロックは、退職年齢を64歳に引き上げる法律がまだ施行されていなかったため、憲法評議会で2度目のチャンスを得ました。

彼らの新しい提案には、退職年齢を62歳に維持する方法に関する財務の詳細が含まれていました。

抗議

評議会が評決を下していたとき、抗議者たちはパリ中心部の評議会の議場近くのルーヴル広場に集まった。

フランス南西部のボルドーで、CGT組合は裁判所の建物の前で集会を組織した。フランス北西部のブレストとカンペール、南部のニームとニースでデモが開催されました。

組合や活動家は、伝統的な5月1日の集会を利用して、マクロンの計画に反対を表明した。

フランスの組合間グループはまた、国民議会でテキストを廃止する法案が提出される2日前の6月6日に年金改革に反対する新たな動員日を求めた。

変更

しかし、抗議はマクロンにコースを変えるよう説得する可能性は低い。

憲法評議会は4月14日に彼のショーピース改革への道を切り開く。

国民議会での投票を迂回する第49.3条の政府の展開は違憲ではなかったと述べた。

「実施された手続きの併用は珍しいことだったが、立法手続きを憲法に反する効果はなかった」と評議会は述べた。

法律の合憲性を見直すための簡単な1958年10月に設立された評議会は、国民議会を通じたマクロンの政策の嵐の通過の後に呼び出されました。

エリザベス・ボーン首相は、議会の下院を通じて法律をブルドーザーするために第49.3条を使用することを余儀なくされた。

ボルンは、投票を避け、フランスの政界で核オプションと見なされるものを解き放つという土壇場での決定について、レ・レ・レプティマン(LR)党の議員を非難した。

評議会の決定から1時間も経たないうちに、労働組合は、彼の最初の任期中にこの措置を擁護し、昨年5月に始まった彼の2期目と最後の任期の彼のプログラムの中心に置いたにもかかわらず、マクロンに法律を施行しないよう促した。

しかし、マクロンはすぐに法律を制定し、反対派の間でより多くの怒りを引き起こした。

https://www.rfi.fr/en/france/20230504-france-s-constitutional-council-rejects-plan-for-referendum-on-pension-reforms

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1690
Enable Notifications OK No thanks