フランスの組織は、看板を英語のみに翻訳したとしてノートルダム大聖堂を訴える

パリのノートルダム大聖堂は、その看板を英語のみに翻訳したとして、フランス語協会から訴えられている。グループはすでに、エッフェル塔に英語とフランス語と一緒に情報標識にスペイン語を追加することを強制することに成功しています。

フランス語防衛協会は、記号を英語に翻訳することは、その言語の国際的な優位性を高めるのに役立つと主張しています。

それはその側にフランスの法律を持っています – 無視されがりな1994年の規制では、すべての公共の建物は、すべての標識と情報を少なくとも2つの言語に翻訳する必要があります。

協会は月曜日にパリの裁判所にノートルダム大聖堂に対して苦情を申し立て、変更を要求した。

エッフェル塔は、同様の法的措置を脅かした後、11月にスペイン語を追加することに同意したという。

2019年の壊滅的な火災後のノートルダム大聖堂の進行中の再建を説明するパネルの多くは、フランス語と英語で書かれています。

「外国語があれば、それは常に英米です」と協会のスポークスマン、ルイ・メゾヌーヴは嘆いた。

彼は「アングロアメリカン」を英語と区別することを主張し、例えば「市内中心部」ではなく「ダウンタウン」の使用など、常にフランス当局の最初の選択であると言います。

「法律は言語的多元主義を促進するため、フランス語を保護する」とメゾンヌーヴは言った。

協会は、銀行サービス「Ma French Bank」の名前で、国営郵便局を含む他の20の公的機関をターゲットにしています。

(AFP)

https://www.rfi.fr/en/france/20230322-wed-11-french-organisation-sues-notre-dame-for-translating-signs-into-english-only

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks