フランス議会はマクロンのウクライナ戦略に賛成票を投じる

フランスの議員は火曜日、エマニュエル・マクロン大統領のキエフに対する政策に関する深い意見の分裂を示した議論の後、ウクライナとの安全保障協定を支持した。

議論の後、国会下院は、先月マクロンとウクライナの指導者ヴォロディーミル・ゼレンスキーが署名した二国間安全保障協定を含む政府の戦略について拘束力のない投票を行う。

投票は象徴的ですが、ロシアのウクライナ侵攻が3年目に続く中、紛争に関するマクロンの戦略に関連して政党に立場を公に表明する機会を与えました。

先週の大統領と党首の会談の後、彼らの何人かは、ウクライナに対するマクロンの姿勢が懸念を引き起こしたと述べた。

6月の欧州選挙に先立ち、マクロンの同盟を大きくリードする極右ナショナルラリー(RN)は棄権し、予想通り極左のフランス不屈党(LFI)は反対票を投じた。

主要なホットボタンのトピック

火曜日の初め、LFIリーダーのマヌエル・ボンパードはLCIチャンネルに、ウクライナへの支持に関する議会での投票は「仮面舞踏会の次元」を持っていると語った。「この合意はすでに大統領によって批准されており、拘束力のある投票ではない」と彼は言った。

火曜日に放送局フランス2に語ったところによると、RNの28歳のリーダーであるジョーダン・バルデラは、彼の党は「レッドライン」のために棄権すると述べた。

「私たちは非常に注意する必要がある」とバルデラは言った。ウクライナへの支援はイエスだが、ロシアとの戦争にはノーだ。

RNは、マクロンが排除することを拒否した西側の地上部隊の派遣と、ウクライナがNATOとEUのメンバーになる可能性に反対している。

フランスの二極化した政治情勢の中で、ロシアのウクライナに対する戦争は主要なホットボタンの話題として浮上している。

マクロンは、ヨーロッパの安全保障が危機に瀕していると主張し、弾薬が不足しているウクライナへのより大きな支援の重要性を打ち負おうとしている。

フランスの地上部隊

週末のマクロンの同盟国は、欧州選挙運動の開始時に極右の国民集会を激しく非難し、フランスとヨーロッパの利益を裏切り、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領といちゃついていると非難した。

ゼレンスキーは、月曜日にフランスの放送局BFMテレビに語ったところによると、「ウクライナが保持している」限り、戦争で荒廃した国にフランスの地上部隊は必要ないと述べた。

「あなたの子供たちはウクライナで死ぬことはないだろう」と彼は言った。

上院上院は水曜日に同様の討論会を開催する予定だった。

(ニュースワイヤー付き)

https://www.rfi.fr/en/france/20240312-french-parliament-to-vote-on-macron-s-ukraine-strategy

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks