フランスのスーパーマーケット、電力不足に対応した「節電」プランで合意

フランスのスーパーマーケット部門は、フランスで秋に実施される「省エネ」プランに合意したとのことです。これは、ウクライナ戦争に関連した電力不足のリスクに対処し、温室効果ガスの排出を削減するために行われるものです。

「この冬に政府が発表した電力供給不足のリスクに直面して」、小売部門のすべてのプレーヤーを集めてエネルギーと環境問題に取り組むPerifem連盟は、10月15日から店舗のエネルギー消費量を削減するための「一般的かつ具体的な措置」を定義しました。

現在閉店後一般的に1時間ではなく、「店が閉まるとすぐに」照らされた看板をオフにし、一般の到着前に販売エリアの照明を半分にし、「重要な消費期間」間に30%削減することで、「体系的に光の強度を減らす」予定です。

関連記事:フランスのエネルギー大手は、電力不足を相殺するためにエネルギー使用量を削減するよう消費者に呼びかけている

規制当局の要請により、「夜間の空気更新の削減、氷の生産のシフト」や、この秋と冬に販売店の温度を17度に下げるなどの緊急措置も計画されています。

エネルギー「ソブリーティ計画」

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は7月14日、政府はウクライナ戦争に関連する不足のリスクに対処するためのエネルギー「ソブリーティ計画」を準備していると説明し、「禁酒の論理への集団的復帰」を求めた。

E.Leclerc、Carrefour、Système U、Les Mousquetaires Intermarché、Auchan、Casino、Franprix、Monoprix、Lidl、Picardなどのスーパーマーケットチェーンで採用されているこれらの初期措置も、ブランドが電力コストを節約するための対策です。

メールマガジン購読

「最近のエネルギーコストの急増の前に」ブランドの純結果の「電気代は30%を占めていた」が、「エネルギー法案を削減し、消費者の価格への大きすぎる影響を避けるために一緒に動員することが不可欠」であり、連盟を認識し、エラン法(Loi Elan)はまた、2030年までに店舗のエネルギー消費量を40%削減することを規定している。

温室効果ガス排出量の削減

エネルギー移行大臣のアニエス・パニエ・ルナシェは、これらの「ペリフェムが発表した最初のコミットメント」をプレスリリースで歓迎した。

「これは、大臣が求めていた即時の措置で取られた最初のステップです」と彼女の事務所は、「冬を乗り切るだけでなく、温室効果ガス排出量を持続的に削減するために即時の効果を生み出すすべての措置を講じることの問題である」と呼びかけながら、「この作業を継続し、さらに進む」と呼びかけました。

ペリフェム連盟はまた、この議定書が「7月26日の会議で」提示される「これらの措置を一般化するためのすべての貿易および流通連盟の基礎として」役立つと信じたいと考えています。

https://www.rfi.fr/en/france/20220718-french-supermarkets-agree-on-energy-saving-plan-to-face-electricity-shortage

 

Default image
Antenne France
Articles: 693