同性愛者の結婚はフランスに平等をもたらし、同性愛嫌悪を引き起こした

フランスが同性婚を合法化してから10年後、それは土地の法律のままであり、何千人もの人々に平等な権利を提供しています。しかし、法律の可決をめぐる議論とデモは、これまで見られなかったレベルの同性愛嫌悪を公にした。

「この法律の存在にもかかわらず、LGBTQIA +の人口は、今日でもある程度のひどい差別の犠牲者です」と、同性婚法が施行された後、結婚式が最初に行われた権利活動家のヴィンセント・オーティンは言います。

国民議会は2013年4月23日に同性婚を合法化することに投票した。1ヶ月後、法律が施行され、2013年5月29日、オータンとヴィンセント・ボワローはモンペリエで結婚した。

200人のジャーナリストを含む約400人が、当時の市長エレーヌ・マンデューが主宰する市役所での結婚式に出席しました。

「それはジャーナリストと一定数の市民の象徴だった」とオータンは結婚式について語った。「社会進歩の法則を制定することは、あなたが毎日行うことではありません。」

国が分かれた

法律の成立は当然のものではない。その後、社会主義のフランソワ・オランド大統領は、すべてのカップルに結婚と養子縁組を開くという約束についてキャンペーンを行った。

彼の法務大臣、クリスティアーネ・タウビラは、2012年後半にマリアージュ・プール・トゥス(すべての人のための結婚)の法律を導入した。

その問題は国を分断した。議員は数ヶ月にわたって136.5時間のしばしば白熱した議論を行ったが、何十万人もの人々がそれに反対する抗議行進を行った。

青とピンクのロゴの後ろに反対者を子供のイメージで統一したManif Pour Tous(Demonstration For All)の主催者は、同性結婚自体に反対しているのではなく、同性カップルが親の権利を得ることに反対していると述べた。

議会での抗議と議論は、人々が以前に自分自身に保持していたレベルの同性愛嫌悪をもたらしました。

同性愛嫌悪の暴力

今日、LGBTQI+の人々に対する暴力は依然として増加しています。

「2012年に議論が始まったとき、フランスで攻撃の爆発を見た」とオータンはRFIに語った。

権利団体SOSホモフォビーは、2013年にホモフォビア攻撃の報告の急増を記録した。

「フランスに存在し、同性婚法に反対するすべてのデモの間に展開されたLGBT恐怖症のこの波 – 私たちはそれを押し戻すことができなかった」とオータンは言った。

ジェラルド・ダルマニン内務大臣は金曜日、国家警察は2022年に被害者の性的指向に関連する犯罪の10%の増加を記録したと述べた。

警察は2021年に前年と比較して28%の反LGBTQI+犯罪を記録した。

結婚…そして離婚

オータンとボワローは7年間の結婚生活を経て2020年に離婚し、12年間の関係を終わらせた。

結婚は離婚する権利を含む権利をもたらす、「ありがたいことに」とオータンは言う。

離婚法はカップルの2人のメンバーのうちの1人を保護すると、同性家族法を専門とする弁護士Florent Berdeauxは言う。

「私が自分のクライアントに言うように、結婚とパック、またはシビルユニオンの主な違いは離婚です。

「私のオフィスでは、人々が適切に離婚できるためだけに、結婚して喜んでいたのを見ます…離婚は、裕福でない人を保護する多くの民事効果があります」と彼はRFIに語った。

ベルドーは2013年に同性婚に賛成して行進したことを覚えており、2016年に当時のパートナーであるブノワと結婚し、「正確には法の翌日ではない」が、すぐに結婚した。

「私たちは自分の時間を取りましたが、それが可能であることを知っていましたが、それはすでに大きなことでした。」

米国からの注意

ベルドーは10年後の今日の同性婚を土地の法律と見なしていますが、彼は依然として慎重です。

「今はそれが法律であり、私たちは二度と戻ってこないことを快適に感じています。しかし、米国では中絶法で時間をさかのぼることができるのを見たので、何が起こるかわからない」と彼は言った。

「いつかフランスで誰がオフィスに就くかわからない。」

オーティンはまた、警告物語として、妊娠を終了するための憲法上の保護を与えたロー対ウェイドの米国最高裁判所の覆点を指摘している。

フランスで権利を付与する法律を覆すことは非常に困難であっても、「他の主題について、特定の西洋諸国であちこちで何が起こっているのかがわかります。」

「私たちは未来がどうなるかわかりません。だからこそ、歴史を覚えておくことが重要です。

https://www.rfi.fr/en/france/20230423-gay-marriage-brought-equality-to-france-while-giving-rise-to-homophobia

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1521
Enable Notifications OK No thanks