ゼネラルモーターズ、トヨタに米国ナンバーワンの座を奪われる

2021年、日本の自動車メーカーはアメリカ市場でより多くの自動車とピックアップを販売しました。半導体不足は、現在メアリー・バーラ氏が率いるゼネラルモーターズが、デトロイトのもう一つの巨人であるフォードを追い越した1931年以来の没落の原因となっています。

アメリカの消費者の需要が弱まっているわけではなく、供給が追いついていないのです。電子チップの不足により、多くの自動車メーカーが生産ラインの一時停止を余儀なくされていた。その結果、第4四半期に売上が大幅に減少しました。

日本企業は10%増の230万台と通年でこの損失を補うことができたが、ゼネラルモーターズは13%減の220万台でようやく販売台数が減少した。

クライスラーの親会社であるステランティス社や、ダッジ、ジープ、ラム、フィアット、アルファロメオでも同様の問題が発生した。フォードは水曜日にその数字を発表する予定です。

2008年の危機以来、デトロイトの巨人たちは、国が課した巨額の緊縮財政によって危機から救われてきたという事実がある。ゼネラルモーターズは国有化され、クライスラーはフィアットに買収され、フォードは数万人の雇用を削減することで地歩を固めた。

長年のライバルであるトヨタを前にして、デトロイトの3巨頭が挑むのは、電気自動車に賭けることであろう。強い需要がすでにあるのです。

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220105-general-motors-perd-la-place-de-numéro-un-aux-états-unis-face-à-toyota

 

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 466