フランス人はヨーロッパと恋に落ちましたか?

フランスは欧州連合の創設メンバーですが、調査によると、ユーロ懐疑主義は国内で増加しています。EU選挙に向けて、RFIは幻滅を与えているもの、そして何かあれば、炎を再燃させるために何ができるかを調べます。

アリソン・ハード

ヨーロッパのプロジェクトは、フランス人男性によって推進されています。ジャン・モネとロベール・シューマンは、EUになるものの基礎を築くのを助け、ジャック・ドロールは単一通貨を設立し、ジスカール・デスタン、フランソワ・ミッテラン、現職のエマニュエル・マクロン大統領は、ヨーロッパとその平和、統一、民主主義の価値を擁護しました。

しかし、調査は、フランスのヨーロッパとの恋愛が困難な時期を経験していることを示唆している。

欧州委員会の2023年ユーロバロメーターは、フランスを27の加盟国の最下位にランク付けし、EUを信頼していると述べたのはわずか3分の1でした。また、フランス人はEUの将来について最も悲観的であることがわかった。

5月8日に発表された世論調査では、46%がヨーロッパについて「心配している」ことが示されたが、別の調査では、半数がEU選挙に興味がないことが示された。

「EUへの不信感は、近隣諸国よりもフランスで高い」と、シンクタンクDestin Communの責任者であるLaurence de Nervauxは、最近の研究を引用して述べています。

「ドイツ人の54%とスペイン人の61%と比較して、EUに属していると考えているのはフランス人の41%だけです。」

一方、EUが生活に悪影響を及ぼしたと言う人の数は、2021年から2024年の間に27%から37%に増加した。

「不満が高まっているのがわかります」とド・ネルヴォーはRFIに語った。

フレクシットの幽霊

不満の高まりに伴い、極右ポピュリストのナショナルラリー(RN)党への支持も高まっています。

その候補者、TikTokで120万人のフォロワーを持つテレジェニックなMEPジョーダン・バルデラは、マクロンのルネッサンス党候補ヴァレリー・ヘイヤーと社会主義者ラファエル・グルックスマンの両方に先んじて投票しています。

ド・ネルヴォーによると、フランスの有権者の3分の1以上がEU離脱に賛成しているのに対し、近隣のドイツでは24%です。

RNはもはやEUを離脱したり、ユーロ通貨を放棄したりすることを公式に支持していないが、フレキシトの亡霊はまだ迫っている。

「2020年のブレグジット後の混乱の後、ナショナルラリーのトップリーダーは、ほぼ一晩でフレグジットについて話すのをやめた」と、英国でユーロ懐疑主義を研究してきたアンジェ大学のレティシア・ラングロワは言う。

「しかし、一部の筋金入りの支持者はまだEUを離脱することを決意している。ヨーロッパに関するユーロ懐疑論者だけでなく、よりユーロフォビア的な言説を推進したい人もいます。

De Nervauxは、RN有権者は過半数(56%)がFrexitを支持する唯一のグループであると述べています。

「フレクシットのナショナリストのファンタジーは、その指導者が今日それを否定したとしても、極右文化のマーカーのままです」と彼女は付け加えます。

バミューダトライアングル

他のポピュリスト政党と同様に、RNは、一般の労働者ではなく、大企業の利益のために働き、大量移民を促進する遠隔地のエリート機関としてEUを非難しています。

EUの機関は、多くの人に「規範と規制だけを作る巨大な機械」と見られている、とラングロワは言う。

RNはこれを利用し、官僚的な側面を誇張している。

しかし、彼女は「それは人々の日常生活に多くのことをする」と指摘し、EUのエラスムス学生交換プログラムと、スペイン、イタリア、ブレグジット前のスコットランドの貧しい地域に多額の投資を指摘した。

しかし、その機関の複雑な内部の仕組みは、EUシステムの理解と愛着を育むのに役立ちません。

欧州問題コンサルタントのイヴ・ベルトンチーニは、EUとはまったく異なる政治システムに慣れているが、混乱しているという。

「第5共和国の下でのフランスの政治システムは、勝者がすべてを取る大統領君主制であるのに対し、ヨーロッパのシステムは権力の分散に基づいて、より連邦的である」と彼はRFIに語った。

「制度的三角形 – EU議会、欧州委員会、欧州理事会 – はフランスにとってバミューダの三角形のようなものであるため、私たちは教育学を倍増させる必要があります。私たちはそれに慣れていません。

コミュニケーション不足

ド・ネルヴォーは、フランスがヨーロッパとその機関に対する不信感は主に無知にあると言います – フランス人の65%は、ドイツ人の42%と比較して、EUの機能とその政策について明確なビジョンを持っていないと言います。

彼女は、より高い無知を主にヨーロッパの問題を最もカバーしていないブロックの1つであるフランスのメディアのせいにしています。

EUも自ら笛を吹くのが得意ではない、とde Nerveuxは指摘し、Covidワクチン接種キャンペーン、Covid後の回復計画、ウクライナへの支援など、集団的な決定を下す能力についてうまくコミュニケーションが取れなかったことを理由にしている。

「ヨーロッパが彼らに何をもたらしたのかを人々に尋ねると、彼らは20年か30年前のシェンゲンとユーロのヨーロッパについて話しますが、これらの最近のエピソードについては言及していません。」

たとえフランス人がウクライナに興味を持っているとしても、ド・ネルヴーは地政学的または国際的な問題よりも国内問題に夢中になっていると主張している。

「彼らの主な関心事は購買力です」と彼女は言い、ヨーロッパが日常生活にもたらすものを思い出す必要があると付け加えた。

「EUがインフレに悪影響を及ぼしたという誤った認識がありますが、真実は、ユーロ圏がインフレの面でより保護的な役割を果たしているのに対し、英国[ブレグジット後]では爆発しました。

「そして、非常に具体的な例を挙げると、レスト・デュ・クール食品慈善団体が配布する4つの食事のうち1つは、EUによって資金提供されています。」

実用的で明快な

調査が関係しているところでも、写真はすべて暗いわけではありません。

最近のIpopの世論調査では、フランス人の60%近くがヨーロッパ人であることを誇りに思っていることがわかりました。

「不信感を超えて、フランス人はヨーロッパに実用的で明快な愛着を持っています」とド・ネヴルーは言います。

そして、「危険で複雑で不安定な世界」では、フランス人の大多数はヨーロッパとの関係を「必要」と表現しています。

超大国である中国、米国、ロシアに直面して、マクロンの「強いヨーロッパを構築するというビジョンは、フランスによって広く支持されている」と彼女は言い、「ヨーロッパが気候問題で主導権を握ることも望んでいる」と指摘した。

フランスのテレビシリーズParlementの予期せぬ成功を強調し、EU機関に取り組みたいという意欲さえあるとラングロワは述べています。

最初の3つのシリーズは700万人の視聴者を集め、4番目のシリーズはまもなく発売されます。

さらに、教育的なAll of EuropeのウェブサイトのChristophe Préaultは、経済、防衛、安全保障などのヨーロッパの問題への関心が高まっていると述べています。彼らのサイトへの接続は「1月以来2倍」になった。

彼はEUに関するより多くの教育を求めている。

「子供たちは第5共和国がどのように機能するかについて教えられていますが、EUがどのように機能するかを教えますか?いいえ。しかし、それは私たちが住み、働く場所です。

彼らを若くしなさい、とド・ネヴルーは言う。「子供たちはアルファベットを学ぶように27の加盟国を学ぶべきです。」

https://www.rfi.fr/en/france/20240518-have-the-french-fallen-out-of-love-with-europe

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1721
Enable Notifications OK No thanks