パリでクラックキャンプを解体する警察

パリ北東部にある、約100人のクラック使用者が1年間集まっていたForcevalキャンプは、10月5日(水)朝、警察によって解体が開始されたと、ジェラルド・ダルマナン内務大臣が発表しました。

 

「私の指示により、警察署長はフォルスヴァル広場の「クラックキャンプ」の決定的な解体を進めている。このキャンプが他の場所に再確立しないよう、1000人の警察官が配置される」と、AFP記者が観察した、パリ警察のローラン・ヌネズ署長の立ち会いのもと、警察がキャンプに入る中、ジェラルド・ダルマナン内相はパリ時間5日午前7時前にツイートしています。

前代未聞の 「操作」

同省は、今回の作戦が「数十年前からパリ北東部にクラックコカイン現象が発生しているため、前例がない」と強調した。ボーヴォー広場は、「指名手配者はもちろん、不法滞在者も逮捕され、追放を前提に行政収容所(CRA)に収容される」と述べた。「他の入居者は、医療・社会的支援のある宿泊施設や介護施設に誘導されることになる」。

新任のパリ警察署長ローラン・ニュニェスにとって、首都圏のコカイン問題は内務大臣から与えられたロードマップの一部であった。9月25日、彼はサイトの閉鎖を約束した。その1年前、パリ警察は、過去30年間パリ北東部に集中していたクラック・コカイン(コカインの派生物で中毒性が高く、喫煙可能)の使用者を、この無住宅地に移動させることを決定した。彼らの到着は、周辺地域の治安を大きく乱し、キャンプからの退去を求めるデモや法的措置に発展した。

糾弾される「自由放任」主義

協会によると、日中は300〜400人、夜間は150人、そのうち35〜40%が女性だったということです。売人たちは、利用者の真ん中で石(10ユーロのクラックの量)を売っていたのだ。パリ19区の端に位置するこの広場は、環状道路、フェンスで囲まれたイベントエリア、セーヌ・サン・ドニのパンタンとオーベルヴィリエにまたがる労働者階級の居住区「カトル・シュマン」につながる大きなロータリーに囲まれています。1年前から、この地区とパリのヴィレット地区の住民は、クラック使用者の設置による攻撃や盗難などの迷惑行為について不満を抱いていた。9月24日の移住記念日には、500人のデモ隊がパンタンとオーベルヴィリエの通りを行進し、当局の「放任主義」を非難し、収容所からの退去を要求しました。

(AFPによる)
https://www.rfi.fr/fr/france/20221005-france-à-paris-la-police-démantèle-un-campement-de-consommateurs-de-crack

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 884
Enable Notifications OK No thanks