国際女性権利デーってまだ必要なの?

1977年に国連で制定された「国際女性の地位の日」は、毎年3月8日に世界中の女性の状況を把握する機会となっています。この日は、問題を前面に押し出すために必要不可欠な日だと考える人もいれば、関係ない日だと考える人もいます。

女性を祝う日ではなく、世界中の女性の権利のための闘争を強調する日です。2022年現在、多くの国で女性の権利が否定され、多くの女性が抑圧されています。女性を称えることには性差別的な意味合いがあると、臨床心理学者でフェミニスト活動家、モロッコのマリ(個人の自由のための代替運動)のスポークスマンであるイブティサメ・ベティ・ラシュガルは言う。彼女は3月8日のマーケティング的な側面を嘆く。花やプレゼントをあげたり、「あなたは素晴らしい母親だ」「妻だ」と言ったり、要するに「自分はダメな人間だ」と思って行動しているのです。要するに、完全に性差別的なステレオタイプに基づいているのです

「3月8日に要求することは、毎日要求することです。しかし、象徴的に、すべての原因と同様に、私たちが守っている原因を強調する日が必要なのです。私たちが欲しいのは贈り物ではなく、権利なのです。そして、イブティサメ・ベティ・ラチガーは、支配者のレトリックを解体することなしには、女性の解放はあり得ないと指摘しています。「女性は一枚岩ではありません。したがって、彼女が言うように「THE WOMAN」について語るときは、複数形が適切である。

家父長制に責任があるのか?

フェミニスト活動家にとって、女性の要求は世界共通であり、平等を超えた女性の解放である。例えばフランスでは、男女同権が法的に有効だとしても、年金や同一賃金の分野ではまだ不平等が残っています。”この日は、世界中の女性の権利と尊厳を損なうすべての法律と慣習を糾弾するための日です。”と彼女は言いました。

“問題は、女性を支配してきたのは依然として男性であるということです。女性の権利が最も侵害される国は、家父長制が最も存在する国であり、この点では「程度の差こそあれ、世界中のすべての女性が影響を受けている」と心理学者は指摘している。

ヨーロッパで多数派を占める資本主義的家父長制(売春やGPAが思い浮かぶ)だけでなく、宗教的家父長制もある。”すべての宗教は女性差別的である、それは事実である。すべての宗教のテキストは、性差別的で家父長制的です。そのため、宗教が盛んな国では、女性が抑圧されています。モロッコ、中南米や中央アジアのいくつかの国、そしてイスラエルがそうです。

「文化的相対主義を装って、私をイスラム恐怖症や他の何か(一夫多妻制や断種など)で非難し、結局は家父長制の手にかかり、私たちの間で「分割統治」の戦略を実行するフェミニストがいるのを見て、私は悲しくなっています。しかし、虐げられた人々を分断することはできません。

メールマガジン購読

「性差の終焉」の時代、3月8日は?

トランスジェンダー闘争の時代、女性の権利に捧げる日はまだ守備範囲内なのか?暴力の被害者でもあるトランスジェンダー女性も含めるべきでしょうか?しかし、もしそうなら、トランスジェンダーの男性はどうなるのでしょうか?そして、イブティサメ・ベティ・ラチガーは、婦人科や産科の暴力と同じように、中絶の権利は自分たちには関係ない、あるいは、インドでは50秒に1人、胎児が女性の場合、強制的に中絶されるフェティサイドについて言及すると、言い返した。

“だから私にとってトランス女性は女性ではない 男性が女性として認識したいのであれば、何の問題もないでしょう。問題は、ジェンダーに基づく制度的・構造的な暴力について話していることです。比べられない!?私たちはまだ家父長制の中にいて、男性であるトランス女性が私たちの闘いを乗っ取ろうとし、トランスフォビックだと言っているのです。” 「3月8日であろうとなかろうと、男は常に勝つ」とイブティサメ・ベティ・ラッハガーは結論づけた。

ベレニス・レヴェ(哲学者・エッセイスト):「フェミニストの言説は私たちを威嚇するために働く」

RFI:あなたの意見では、なぜ3月8日に意味がないのでしょうか?

Bérénice Levet:3月8日は、#metoo後の世界では、これまでよりも意味が薄れています。一年のうちで、女性が話題にならない日はあるのでしょうか?私たちがまだ享受していない権利などないのです。男性、そしてより広くは我々の文明は、女性に対して負債を負っており、彼らは西洋、特にフランスの資本に対して無限の手形を引くことをあらかじめ許可されているのである。ヘンリー・ジェイムズは『ボストン・ウーマン』という小説の中で、この仕組みを見事に表現している。

フェミニズムの活動が要求するのは権利ではなく、もはや個人とそのアイデンティティ、ジェンダー的、性的、人種的アイデンティティ以外の地平を持たない社会の到来なのだ。フランスが、そのバッグの中に、つまりその歴史の中に、差異に対する無関心の原則、言い換えれば普遍主義という、抽象的な言葉ではあるが非常に具体的なものを持ち、側面の自由、それは根こそぎの自由ではなく、自分の主たる帰属を中断する自由に賭けていること、フランスが、この特定のアイデンティティーの狭い輪に個人が閉じ込められていることに対する反乱の先鋒になっていないことは圧倒的なことである。

私たちの社会が、最小公倍数である性、つまり、もはや「ジェンダー」とは言わないが、男であること、女であることが自然に基づくのではなく、純粋な構築物であることが理解されるので、「ジェンダー」という言葉を好む共同体に分解されていることは、セクシャリティ(LGBTQI+)、宗教を占め、気をもむべきことだ。

「いじめの日」ということですが、どういう意味ですか?

3月8日を特に「脅迫の日」と呼んだ覚えはないが、フェミニストの言説こそ、声高に、そして日常的に、私たちを脅迫するために働いているのである。

1970年代には、社会全体がフェミニズム活動の言葉を話さなかったのに、今日、どの大統領候補が包括的な言葉を犠牲にしないだろうか–左翼候補の各サイトでは中央値がデギュアーであり、すべての演説で一般的男性性を害する二重屈曲がある–極右と評される人たちでなければ、だれもそうしない。

そして、「#meetoo」運動についてあえて懸念を表明する者は、何よりも先に「#metooは必要だった、とても良いことだ、言論は解放された」と主張するのです。おそらく、現代にひどく欠けているのは反骨精神でしょう。しかし、今日このレトリックに入らないことは、高い代償を払うことになるということでもあるのです。

家父長制がすべての女性問題の原因だと思いますか?

家父長制はモリエールの肺である。人類の歴史、特に西洋の歴史、さらに言えばフランスの歴史は、女性を始めとする犠牲者の大工場から成っているのです。ハンナ・アーレントは、「存在することの奇跡は、イデオロギーの関心を引くことはない」と見事に結論づけたが、そこには悔しさがないわけでもない。存在することの奇跡とは、グランドナラティブに当てはまらないすべてのものである。フェミニズムはそれを気にするどころか、無視し、鉋をかけ、糸を引き、現実には決して観察できない完璧な一貫性ですべてを秩序立ててしまうのです。したがって、フェミニズムは、すべてのイデオロギーと同様に、踏みつけにするのが現実である。

多くのフェミニスト活動家が、世界中で女性の権利を守るために戦っています。これは無駄な争いなのでしょうか?

全然違うんだけど、うちのフェミニストはこの分野に絶望的に疎いんだよね。責任感がないのです。女性の権利担当大臣(もちろん撤回前)のヤニック・ジャドやエリック・ピオレのように、競技会でのベール着用を要求するスポーツヒジャブーたちを支持するとき、イスラム圏でそれを押し付ける政権と戦っている女性たち、彼女たちが私たちに注目し、信仰や告白を公の場で見せない文明を体現し続けるために限りなく期待していることを忘れてはいないだろうか。

世俗主義とは、生きる自由、この場合、好きなように服を着る自由ではなく、何よりもまず、慎み深さ、つまり、共に生きるという美しい共通の美徳、人は自己を誇示しない、という壮大な要件なのだ。しかし、明らかに視認性は、今や権利であり、執着心でもあるのです 私は、私である。

https://www.rfi.fr/fr/europe/20220307-la-journée-internationale-pour-les-droits-des-femmes-est-elle-toujours-nécessaire

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks