サービス分野では、中小企業も、特にハイテク分野での採用が困難になっています。(イラスト) AFP/Loic Venance

企業経営者の約半数が採用活動に支障をきたしており、40万人分の求人が未消化となっています。対象となるセクターは、建設業、飲食業だけではありません。サービス分野でも、特に「ハイテク」分野で中小企業の採用が困難になっています。

 

パリのスタートアップでのレポート、テオ・ルノードン氏

このウェブ開発会社のマネージャーであるAlainは、定期的に新しい従業員を探している。しかし、それは決して簡単なことではありません。「2、3年の経験を持つ中級の開発者を対象とした正社員の求人を出しても、1週間に2、3件の応募があるかないかです。候補者を選べるようにしようと思うと、とてもじゃないけど無理ですね」と言う。問題は、訓練された若い人たちがいないことです。そして、強い需要がある限り、私たちはかなり高い給与水準にあり、小さな会社である私たちは必ずしもそれに匹敵することはできません。

テレワークは必須

これを解決するには、テレワークという方法があります。これにより、Alainはより広い地域で候補者を探すことができ、給料も安く、従業員の需要に応えることができる。「明らかに、今日では、少なくとも部分的にでもテレワークを提供しなければ、もう応募してこない候補者がいるでしょう。

電話で連絡を取った従業員の中には、パートナーを追ってポーランドに来たフランス人駐在員がいる。テレワークの可能性がなければ、この機会を得ることはできなかったでしょう」と語る。企業がテレワークを提供してくれれば、確かに採用の後押しになると思います。

テレワークを開始してから、アランは以前の2倍の応募を受けた。