10月4日に行われたSauvé委員会の報告書発表会での、フランス司教協議会エリック・ド・ムーラン・ボーフォール会長。AP - Thomas Coex

ソヴェ委員会の報告書:恥と驚きの間にあるフランスの教会

教会における性的虐待に関する独立委員会(ICSA)は、10月5日(火)に報告書を発表しました。教会内では、この姿がデフラグラデーションのような効果をもたらしている。

司教会議のエリック・ドゥ・ムーラン=ボーフォール議長は、フランスの教会における性的虐待に関するソーヴェ委員会の報告書が発表された後、報道陣に対して「恥」と「恐怖」を語り、小児犯罪の被害者たちに「許し」を求めました。”私たちは、犠牲者の声を聞き、その数を聞いた。その声は私たちを圧倒し、その数は私たちを圧倒します。想像以上のものです」と語っています。

報告書では、1950年から2020年までの間に、18歳以上の21万6千人が、少数派であるフランスのカトリック聖職者や宗教者から性的虐待や暴行を受けたと推定しています。この被害者数は、カトリック教会の施設で働く信徒による加害者を加えると33万人に上ります。

賠償金の問題

エリック・ド・ムーラン・ボーフォールは、シアースが提唱した賠償政策について質問され、この問題を再検討することに賛成だと答えた。3月には、フランス司教協議会が、2022年以降、被害者への「金銭的貢献」を、上限を超えない範囲で「個別に」または「一括して」支払うことを発表していました。

また、司教団は、司教、司祭、信者からの寄付を募り、「アドホック基金」を設立することを決議していました。この仕組みは、被害者や信者の中には、「教区だけが貢献すべきだ」という批判もあったという。ソーヴェ報告書では、被害者が被った損害に応じて補償金の計算を個別に行うことを推奨し、補償金を「加害者とフランス教会の資産から調達する」ことを提案しています。

教会は自らの責任を認識し、一致団結して行動に移さなければならない」とストラスブール大司教のLuc Ravel氏は主張し、Ciase氏が明らかにした数字に「当惑」し、教会がこの問題を処理してきた方法に「恥」を感じていると述べた。記者会見で「フランスの教会の未来は今日、危機に瀕している」と警告した。”もし、このCiaseの報告書を軽視するなら、フランスのキリスト教会には、独善的な小さなセクト以外の未来はありません。”

2017年に教区を引き継いでからは、そこで性的虐待との戦いを強化しようとしています。リスニングユニットが作られ、司祭のためのガイドが出版されました。教区では、アルザスの4人の検察官と議定書を交わして、事件を裁判にかけやすくしています。

この作品で、リュック・ラヴェル司教は自分の教区が半分になったと思った。「まだまだ始まったばかりです」と認めている。彼の教区では3年間で169人の被害者を確認しているが、Ciase社の数字が示す数千人の被害者とはかけ離れている。

ローマ法王の「痛み」について

今週水曜日には、フランシスコ教皇がこのテーマについて講演する予定です。しかし、伝統的な一般謁見の前に、聖座は今日の午後の早い時間に発表された声明の中で、Ciaseレポートの発表に反応しました。教皇が報告書の内容に留意したのは、「悲しみをもって」だと広報担当者は説明しています。

それによると、教皇の思いは何よりもまず、犠牲者にあるとしています。選ばれた言葉は、教皇の落胆を隠せないものでした。教皇フランシスコは、彼らの傷に対する「計り知れない悲しみ」を喚起するとともに、捕食者を告発した被害者の勇気に感謝の意を表しています。

また、フランシスコ教皇は、フランスの教会が「この恐ろしい現実を知った上で」、贖罪の道を歩むことができるようにと呼びかけています。祈りをもって、教皇はフランスの神の民を主に委ねます」と聖座プレスリリースは締めくくっています。「特に犠牲者の方々に慰めと慰めを与え、正義をもって治癒の奇跡を成し遂げることができるよう、主に委ねます。

シェアしよう!