マクロンは暴動後の「復興を加速する」緊急法案を発表する

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、パリ近郊の交通停留所で17歳が殺害された後、過去1週間に暴動の影響を受けた町の再建を加速するための「緊急法案」を発表した。

火曜日にエリゼ宮殿に集まった約250人のフランス人市長と話して、マクロンは、この法案は「すべての遅延を排除し」、テキストがいつ調査されるかを指定せずに、暴動後に被害を受けた町の再建を加速すると述べた。

彼は、壊れたビデオ監視機器の修理支援と、道路、公共の建物、学校を修理するための財政援助を約束した。

ブルーノ・ル・メール財務大臣は火曜日、政府は暴動によって破壊された企業が再建する際に税金と社会保障の支払いを停止することを許可する可能性があると述べた。

会議は、当局が全国ではるかに穏やかな夜を報告した際に行われました。

「それは落ち着きへの恒久的な復帰ですか?」マクロンは尋ねた。「私は慎重ですが、私たちが前日に見たピークは過ぎ去りました」と彼は言いました。

「私たちは皆、永続的な共和制の秩序を望んでいます…それが絶対的な優先事項だ」と彼は付け加えた。

暴動と略奪

17歳のナヘルMが先週の火曜日にパリ郊外のナンテールの交通検問所で警官に殺されて以来、政府は暴動や略奪と戦ってきた。

内務省によると、フランスの都市での一晩の暴力は24時間で半減し、火曜日に全国で72人が逮捕された。

ジェラルド・ダルマニン内務大臣は、警察や憲兵隊の4つのオフィスへの攻撃を含む数十の建物が損傷を受けたが、負傷者はいなかったと述べた。

今週の水曜日までに、その数字は16人が逮捕され、8つの建物が焼失または損傷したと大幅に減少しました。

150台以上の車両が放火され、ゴミ箱や公共エリアで何百もの火災が発生しました。

法務省の数字によると、金曜日以降、1,200人以上の未成年者を含む4,000人弱が逮捕されている。

警察の動員は、フランス全土で45,000人で、前の2晩と同じレベルに保たれていた。

市長集会

フランス全土の市長は月曜日に集会を開き、暴力的な衝突の終結を求めた。

「共和制秩序への復帰」を求める彼らの呼びかけは、パリ郊外の市長、L’Haÿ-les-Rosesの家が燃えている車に突っ込まれ、広範な怒りを引き起こした後に起こった。

一晩のツイートで、マクロンは警察と会った後、警察、憲兵、消防士の「最近の夜の並外れた動員」に感謝した。

市長の集会で、マクロンは「これらの出来事につながったより深い理由を理解するために必要な骨の折れる長期的な仕事を始める」ことを望んでいた、と大統領府の当局者は述べた。

フランス大統領はまた、住宅から地方分権化、少年司法、教育まで、多くの長期プロジェクトを詳細に説明せずに開放した。

(AFP)
https://www.rfi.fr/en/france/20230705-macron-announces-emergency-bill-to-speed-up-reconstruction-after-riots

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks