フランス:再選されたエマニュエル・マクロン、今後のプログラムを用意

58.55%の得票率で共和国大統領に再選されたエマニュエル・マクロンは、日曜日の夜からヴェルサイユの大統領官邸「ランタン」に滞在しています。そこでは、国家元首が次に来るもののために準備をしているのです。

第1ステージは、4月27日(水)の正式な結果発表から始まります。この日、エマニュエル・マクロンはアンヴァリッドで俳優ミシェル・ブーケへのオマージュを司会する。

また、同日、閣僚会議の議長も務める。ジャン・カステックスが首相を務める最後の作品になるのでしょうか?国家元首の再選挙の数日後に辞任すると言っていたが、しばらくマティニョンに居続けることも排除されていない。

エマニュエル・マクロンは、新しいチームを微調整し、次に来るものに備える時間がある。彼の任期はあと3週間ほどで、5月13日に終了します。この日までに、任命式および再選挙式を行わなければならない。

国家元首の最初の旅行

復職後は、負傷した兵士と話すための軍事病院や、祖母が眠るオート・ピレネー山脈の墓地を訪れるなど、数回の訪問が予定されている。

そして、マクロン大統領は初の外遊先としてドイツのベルリンを訪れ、オラフ・ショルツ首相を訪問し、彼の目には独仏のカップルがいかに重要であるかが映っている。

 

https://www.rfi.fr/fr/france/20220425-france-emmanuel-macron-réélu-prépare-le-programme-des-prochains-jours

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 466