1年間、すべての女性に生殖補助医療を提供する

2021年8月2日以降、生命倫理法では、この子作りの方法が女性カップルや独身女性にも拡大されました。1年ですでに成長危機」と見出しをつけたLibération誌は、「需要が爆発的に増えている」ため、「ベビーブーム」と言うのをためらっていない。そして、この需要の多くは独身女性からで、53%です。若い女性たちが「子供を持つためにカップルを通したくない」と、ルモンド紙でマムアンソロ協会の共同代表が証言しています。

1年間、すべての女性に生殖補助医療を提供する| アンテンヌフランス

 

Libération誌上で、Agence de biomédecineのディレクターは、「私たちが目撃している波、そしてまだ減少していない波は、このテキストが明らかに社会の強い期待に応えていることを示しています」と説明しています。この流れの弊害として、待ち時間の増加、地域による格差、配偶子提供に対する恐怖心などが挙げられます。

特に、ルモンド紙が指摘するように、9月1日からは、配偶子提供者は、姓、名、生年月日の開示に同意しなければならないからである。

現在、PMA(procréation médicalement assistée医療補助人工授精:生殖補助医療)へのアクセスにかかる平均待ち時間は13.6カ月です。La Croixは、海外に出続ける女性が、より確立されたプロセスを持つスペイン、ベルギー、ポルトガルに頼ることに関心を持っています。しかし、ひとつだけ顕著な違いがあるとすれば、それはコストです。毎日新聞のインタビューを受けた42歳の女性は、4年間ですでに2万ユーロを費やしたが、これまで成功しなかったと説明した。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220802-à-la-une-la-pma-accessible-à-toutes-les-femmes-depuis-un-an

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 886
Enable Notifications OK No thanks