2022年のフランスにおける女性殺害の数は「安定している」が、女性の殺人未遂の数は増加している

フランスで国内のパートナーによって殺された女性の数は2022年にわずかに減少したが、公式統計はまた、夫、元夫、または恋人による女性の殺人未遂の驚くべき増加を示した。

RFIのサラ・エルザス

週末に数字を発表した内務省によると、2022年には118人の女性がパートナーに殺害され、2021年より4人少なかった。

この報告書は、男性がサヴォワの路上でマチェーテで元妻を殺した2日後、家庭内虐待で当局に知られている男性がヴァル・ド・マルヌでガールフレンドを殺した疑いで投獄された1週間後に発表されました。

報告書によると、殺人率は2022年に「比較的安定」でしたが、国内のパートナーによる殺人未遂は、2021年の251件ではなく366件と45%増加しました。

これらの犯罪の「深刻さを強調することしかできない」と、男女平等大臣のベランジェール・クイヤールは声明で述べ、女性の殺害数がわずかに減少したことを認めたが、「すべての命が重要である」と強調した。

警察に行った後も殺害された

2019年、政府は家庭内暴力の解決策を見つけるためのセミナーを開催し、苦情に対処し、暴力的な犯罪者に対処するための既存の警察プロトコルに追加するための「いくつかの措置」を実施したと述べた。

しかし、統計によると、殺害された女性の3分の1近くが以前に家庭内暴力の被害者であり、そのうち24人が当局に警告し、そのうち19人が正式な苦情を申し立てた。

家庭内暴力を専門とするイザベル・ステイヤー弁護士は、女性は当局に近づいたら最も保護が必要だと言います。

「彼らが特定の男性の暴力を非難しているので、彼らがさらに危険にさらされるのは、彼らがすべての手続きを経るときです」と彼女はRFIに語った。

「彼らが死ぬ危険を冒すのはその瞬間であり、彼らが保護されていないのはその瞬間です。」

彼女と他の女性の権利擁護者は、苦情が提出される前でさえ、暴力で告発された男性が追跡ブレスレットを着用することを余儀なくされるのを見たがっている。

2022年に殺害された118人の女性のうち、3人は殺人者に対する接近禁止命令や、すぐに警察に電話するための特別な電話など、司法保護を受けていた。

増加しているフェミニサイドの試み

女性殺害を追跡する支持者のグループは、サヴォワでの殺人を含む8月31日時点で90を記録しました。

2022年の集計は147人のフェミニサイドでした。なぜなら、彼らは国内のパートナーによる単なる殺人以上のものを数えると言うのに対し、性別を動機とする殺人には特定の司法的地位がないからです。

内務省によると、配偶者または家庭内パートナーの間で発生した殺人事件は、2022年にフランスで818件の非犯罪的動機の殺人事件の18%を占めた。

ほぼ半分は議論中、または論争の分離の文脈で犯され、大多数は前取りなしで被害者または加害者の家で犯されました。

親の権利?

被害者の権利団体は、暴力で告発された男性の親の権利を終わらせるために戦っている。パートナーに対する暴力で投獄されている人でさえ、依然として親の権限を維持し、被害者に彼との交流を強いることができます。

訪問権を持ち続ける父親は、子供の母親に「嫌がらせをし続け」、彼女に対して暴力を振るうことさえあると、全国連盟のディレクターであるフランソワーズ・ブリエは警告します。

「彼は元パートナーにたどり着くために子供たちを苦しめることができた」と彼女はRFIに語り、母親が殺されたとしても親権の停止は自動的ではなく、一部の子供たちは父親を殺した男の権威の下で生き続けていると付け加えた。

内務省によると、2021年と同じ数の幼児殺害の犠牲者である12人の子供も家族紛争で殺害された。

https://www.rfi.fr/en/france/20230904-number-of-feminicides-stable-in-france-in-2022-as-number-of-attempted-murder-of-women-rises

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1749
Enable Notifications OK No thanks