パリ市長は、石油プロジェクトが市の水供給を脅かす可能性があると警告している

パリ市議会は、フランスの首都の南東約80kmの石油を掘削するプロジェクトを潜在的な環境災害として非難した。その水道委員会は、市の飲料水を脅かす可能性があるという作業を停止するために裁判所に訴えました。

パリの水道局であるオー・ド・パリは、ノンヴィルの町近くの既存の掘削サイトを拡大するプロジェクトの許可を一時停止する緊急要求を提出しました。

地方行政裁判所は、まもなく緊急滞在を発行するかどうかを決定する予定です。

パリとその周辺地域の約18万人が近くの排水地域から飲料水を得ている、と水道局は述べ、余分な掘削は資本の供給を危険にさらすと警告した。

今週発表された声明で、パリ市長のアンネ・イダルゴのオフィスは、政府によって承認されたプロジェクトを「水資源がますます多くの脅威に直面している時期に、作成中の環境大惨事」として非難した。

化石燃料の段階的廃止

フランスの会社Bridge Energiesは、2009年以来、10km²に制限された範囲でノンビルで炭化水素を掘削するリースを保持しています。

地元の反対にもかかわらず、数年間、サイトを拡大する許可を求めています。

2023年12月、政府は、すでに設置されている3つの井戸の上に、追加の40km²とさらに2つの井戸を掘削する許可を与える法令を発行しました。

環境活動家は、グリーンピース・フランセイドが汚染度の高いエネルギー源を段階的に廃止するという政府のコミットメントと「完全に矛盾している」新しい化石燃料プロジェクトを承認する決定を非難した。

今週の議会でのノンビルプロジェクトについて質問されたローランド・レスキュア産業大臣は、このサイトは、政府がフランスでのすべての化石燃料生産を終了するために設定した期限の6年前の2034年まで運営が許可されていると述べた。

彼は、拡張プロジェクトは、使用される化学物質の綿密な監視や水質への影響など、厳しい条件の対象となると付け加えた。

パリ大都市圏はフランスの石油生産量の3分の2を占め、残りは南西部のジロンド県から来ています。

プロジェクトに対する最新の反対について公にコメントしていないBridge Energiesによると、現在稼働しているのはノンビルの3つの井戸のうちの1つだけで、1日75バレルに相当する石油を生産しています。

https://www.rfi.fr/en/france/20240510-paris-mayor-warns-oil-project-could-threaten-city-s-water-supply

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks