アジア製玩具のサプライヤーの中には、配送の遅れが発生しているところもあります。Reuters - Eric Gaillard

コヴィド-19のパンデミックによる原材料の不足や供給問題は、クリスマスツリーの下でも結果が出るのだろうか?アジアで製造された玩具の一部のサプライヤーでは、納品が遅れています。フランスでは、今はまだ棚がいっぱいでも、クリスマスが近づくとおもちゃ屋さんが心配になってきます。

慌てる必要はありません。今のところ、専門家は消費者にとっての大幅な値上げの恐れを否定していますが、ファーザー・クリスマスには事前に計画を立てるようアドバイスしています。というのも、時折在庫切れの可能性があるため、お目当ての商品が店頭に並ばない可能性があるからです。

このおもちゃ屋では、店長のGillesが代理店に注文した分の半分しか受け取っていない。また、メーカーによってはさらにその先を目指しています。例えば、レゴ社のように、3週間ほど前から、すでに注文されているものを除いて、もう商品を納入しないと言ってきたサプライヤーもあります」と説明します。私のサプライヤーの中には、100%納品してくれるところはありません。なぜなら、フランスで製造していても、パッケージを作っていないサプライヤーもあるからです。つまり、木がないことに依存しているのです。木が足りないということは、紙や段ボールなどが足りないということです。私が発注した場合、納品されない文献が30%から50%あります。ひどいもんです。そして、「在庫がありません」と言われるか、「在庫がありません」と言われるかのどちらかです。あるいは、「こんな日に届くはずだ」と言われることもあります。具体的には何もない」。

価格上昇

不足が予想されても、今のところ消費者は怖くない。たとえ、ある人が他の人より早く行くとしても。今朝は、まだ店頭に出していないのに、アドベントカレンダーを買いに来たおばあちゃんがいました」とGillesは言います。不足していると聞いていたので、安全のために来ました。

物資の不足はすでに価格を押し上げている。このお店では、夏前に比べておもちゃが16%も高くなっています。しかし、長期的に見ると、業界が懸念しているのは、海上輸送コストが10倍になったことで、「職業全体」が弱体化し、マージンが減少していることだと、フランス玩具・保育連盟(FJP)のクリストフ・ドレベ事務局長は述べています。