ヨーロッパでは奴隷制に対する後悔が高まっているが、賠償は遅れている

オランダ王が奴隷貿易におけるオランダの役割について謝罪した同じ週に、フランスの最高控訴裁判所は、フランス帝国の下で奴隷にされた人々の子孫による補償請求を却下した。最新の動向が示すように、奴隷制の犯罪を認めるヨーロッパの新しい意欲は賠償に翻訳されていません。

先週の土曜日、ウィレム・アレクサンダー王がオランダ植民地での奴隷制度廃止150周年を記念するイベントで奴隷制度について個人的に謝罪したとき、それは歴史的に歓迎された。

「今日、この追悼の日に、この人道に対する犯罪に直面して行動する明らかな失敗について許しを請う」と、アフリカからスリナムやカリブ海の他のオランダ植民地に人身売買された約60万人の一部の子孫を含む聴衆の前で彼は言った。

マーク・ルッテ首相が12月にオランダ国家を代表して奴隷制の謝罪を申し出た後、彼らが奴隷制に対する公式の謝罪を聞いたのは2回目でした。これにより、オランダは完全な国民的謝罪を発した最初の、そしてこれまでのところ唯一のヨーロッパの国になりました。

消極的であることは、謝罪することで賠償金のフックにそれらを置くという政府の恐怖によって部分的に説明することができます。

しかし、実際には、オランダのように謝罪したり、フランスのように奴隷制を犯罪に分類したりすることも、それらの国が奴隷にされた人々の子孫に対する補償につながりました。

フランスの事件

フランスは、2001年に画期的な法律の下で人道に対する奴隷貿易と奴隷犯罪を正式に宣言した世界で最初の国となった。

それ以来、その裁判所は補償を求める子孫の主張を繰り返し否定してきました – 直近では水曜日、最高控訴裁判所が、今日のフランスの海外領土であるマルティニークの旧フランス植民地の原告に対する判決を支持しました。彼らの事件が却下されたのは3回目です。

2001年の法律が起草されたとき、当初は何らかの形の賠償金に関する規定が含まれていました。しかし、これらは最終的に議会で可決されたバージョンから削除されました。

フランスの法律では、損害賠償を請求する人々は、犯罪行為や出来事の直接的な結果として被った具体的で修復可能な損害を実証できなければなりません。また、経過した時間や、法律が請求しなければならない期間に制限を設けているかどうかに関する条件もあります。

これまで、これらの条件を満たすことができなかった請求者はいません。

ヨーロッパの後悔

欧州議会はまた、2020年に奴隷制を人道に対する犯罪として認めたが、他のヨーロッパの国はまだ追随していない。

それにもかかわらず、ヨーロッパの指導者による後悔の表現は、近年より一般的になっています。

2006年、当時のトニー・ブレア首相は、奴隷貿易における英国のシェアに「深い悲しみ」を表明しましたが、英国は2001年に彼のリーダーシップの下で奴隷制度について正式に謝罪するEUに反対した国の1つでした。

チャールズ3世と彼の相続人ウィリアム王子も同様に、チャールズが「奴隷制の恐ろしい残虐行為」と呼んだものについて悲しみを表明した。

そして2017年、デンマークの当時のアンダース・サミュエルセン外相は、アフリカ人の奴隷化への「恥ずべき、許されない」参加についてガーナに謝罪した。

それでも、オランダによる全国的な謝罪はユニークです。

今年初め、ヨーロッパ最大の奴隷国であるポルトガルのマルセロ・レベロ・デ・ソウザ大統領は、同様のものを作ることを提案した。彼はまた、さらに進む必要性を認めた。

「謝罪は時々最も簡単なことです。あなたは謝罪し、背を向け、仕事は完了します」と大統領は述べ、ポルトガルはより良い未来を築くために過去に対して「責任を負う」べきだと主張しました。

オランダの奴隷基金だが、子孫のためではない

昨年最初に謝罪したとき、オランダは奴隷制度の遺産に対処するために2億ユーロの基金を設立したが、子孫に補償するためには使用されず、むしろ教育イニシアチブなどへの資金提供に使用されると述べた。

その決定は、かつての植民地や国内で批判されてきた。先週末、ウィレム・アレクサンダー王がアムステルダムで謝罪したように、抗議者たちは「賠償金なしでは癒しはない」と書かれたバナーを持って行進した。

オランダのウィレム・アレクサンダー王は、2023年7月1日に奴隷制度における王室の役割について謝罪した後、アムステルダムの国家奴隷制記念碑に花輪を置いた。© AP - レムコ・デ・ワール
オランダのウィレム・アレクサンダー王は、2023年7月1日に奴隷制度における王室の役割について謝罪した後、アムステルダムの国家奴隷制記念碑に花輪を置いた。© AP – レムコ・デ・ワール

アムステルダムのRFIと話すと、先祖がスリナムの奴隷だったシャーリーは、「王が謝罪したのは本当に良いことだと思います。しかし、私はそれがそこで終わらないことを願っています。

彼女は、アメリカ大陸のオランダのプランテーションで奴隷化された労働者を搾取することによって生み出された利益を指摘した。先月発表された調査によると、オランダ王室は奴隷制やその他の植民地搾取から現代の5億4500万ユーロに相当する額を稼いだことが明らかになった。

「それは彼らにたくさんのお金を稼ぎました…私にとっては、子孫に補償、損害賠償を与えることが重要です」とシャーリーは言いました。

彼女は、より広範な清算の一環として金銭的賠償金が提供されるのを見たいと考えています。

「私たちはまた、人々が何が起こったのかを理解できるように、必要に応じて博物館を建てるなど、それを超えて何が可能かを考えるべきです。そして、学校や子供たちが奴隷制について学ぶように、彼らの多くが知らないからです」と彼女は言いました。

多くのことが起こり、その傷跡は今日でも目に見える。

https://www.rfi.fr/en/international/20230709-remorse-for-slavery-grows-in-europe-but-reparations-are-slow-to-follow

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1690
Enable Notifications OK No thanks