市民権に革命をもたらす可能性のある法律案

フランスで12月19日(日)、姓の変更を簡略化する法案が提出されました。現在、このプロセスはまさに障害物コースと言えるでしょう。

エマニュエルは結婚するとき、相手の名前を名乗った。彼女の子供たちもそうだった。離婚後、旧姓を名乗ることになったため、子どもたちとは別の姓を名乗ることになった。それ以来、彼女は定期的に自分が母親であることを証明しなければならなくなった。”一緒に旅行するときは、親であることを証明するために、家計簿をいつも持ち歩かなければならない “という。病院や学校でも請求できる冊子……エマニュエルは、自分の苗字も付けようと思ったが、未成年である以上、父親の同意が必要だった。「”ありえない “と言ったほうがいいかもしれませんね」と母親は言う。

成人した長男は、二重姓を希望している。「彼は両家に従兄弟がいて、私の家族と同じように父親の家族の一員であると感じています。」エマニュエルは、「彼が両方の姓を持つのは論理的なことです」と付け加える。しかし、その工程はとても長いのです。今日でも、そのような要求の正当な利益を証明することが必要である。法務省には毎年2,000件の要請があり、そのうち3分の1しか認められていない。

「親と子の平等」をうたう法律

この要望が頭の痛い問題でなくなる日も近いかもしれません。1月には、エローの代理人パトリックヴィニャル(LaREM)は、日曜日19 12月に提出された法案を守る必要があります。成年時に姓を変更したり、幼少時に使用する名前を変更したりすることができるように規定されています。

Éric Dupont-Moretti法務大臣は、この文章を大多数が支持したと発表した。「フランス人一人ひとりに、一生に一度だけ、自分の姓を選び、母親のものだけ、父親のものだけ、あるいは両方を希望通りに残す自由を与える」と、『ELLE』誌上で発表したのです。それは、両親の間の平等の法律、すべてのフランス人のための自由の法律となるのです。これからは「役所の市民課にセルファの申告をすればいい」と大臣は説明した。

法案を支えるPorte mon nom collectiveの創設者であるMarine Gatineau-Dupréは、「革命」について語る。自分と異なる姓を持つ2人の子どもを持つこの母親は、2年前から名前の継承に関する法律の改正を求めるキャンペーンを展開している。私たちは権利を追加しているのであって、何かを奪っているわけではないのです」と彼女は言います。18歳で改名する義務はない。しかし、それは多くの人の人生を変える可能性がある。この団体を設立して以来、姓のために苦しんでいる女性や男性から何千もの証言が寄せられています。

「苗字を聞かれても答えない。」

ジョーダンはその中の一人です。生まれた時、元軍人の父が任務中で、すぐには申告できなかったため、母の名前を受け継いだ。しかし、幼少期、27歳の彼は母親から多くの暴力を受けていた。彼の名前は重荷になった。4年前、彼は名前の変更を求め、他に正当化する方法がなかったため、母親を相手に法的措置を取ることになった。

「弁護士に依頼すると、依頼が成功するかどうかはわからないと、最初から警告されるからです。そうこうしているうちに、職場で苗字を聞かれても、このバイク屋のセールスマンは名乗らないようになった。重くのしかかるこの名を受け継がせないために、彼はまだ娘も認めていない。生前お世話になったお父さんの名前を、彼女に贈ることができるようにしたいのです。私は彼女を認識できないことが恥ずかしいのですが、もし彼女が私の母の名前を持っていたら、もっと恥ずかしいでしょう」と彼は言う。ソファーに座っていたとき、日曜日に法案が提出されたと聞いたとき、私がどれほど嬉しかったか想像できないだろう。

この文章は、1月に国会に提出される予定です。採用された場合、2022年7月1日から適用される可能性があります。

https://www.rfi.fr/fr/france/20211221-france-la-proposition-de-loi-qui-pourrait-révolutionner-l-état-civil