一部の都市では、お金を節約するために夜間に公共照明を消します

お金を節約するために公共の照明を削減することは、ウクライナでの戦争とインフレの結果、記録的なエネルギーコストの増加とともにますます戻ってくる談話です。禁酒でお金を節約することは、ナントやサンナゼールなどの大都市での解決策かもしれません。フランス西部では、たとえ一歩先を行っていても、各自治体はお金を節約するために自分自身に質問をします。

これはサンナゼールの場合です:2018年に開始された実験の後、ほぼ全域が真夜中から午前5時まで公共の照明を持っていません、とナントの特派員、マチュー・ボヌールは報告しています。

「当時の節約は年間約125万キロワット時と推定されていた」と都市計画を担当する副市長のクリストフ・コッタは言う。これは年間560世帯の平均消費量です。しかし、最初は、多くのナザイリア人は強盗を恐れていました。「私たちはそうではないことを知っています」とクリストフ・コッタは続けます。「強盗の80%は真昼間に行われ、いずれにせよ、不安を引き起こすのは夜行性の絶滅ではありません。」

拡大すべき措置

この不安は、24の都市があり、そのうち20の照明の一部を遮断するナント大都市の問題の1つです。しかし、最大ではありません。「私たちは非常に若い頃、暗闇を恐れるように教えられました」とナント大都市の公共照明責任者であるダニー・ジョリーは言います。市民に照明を消すことについて話すとき:「まあ、OK、それは良いことですが、家ではありません」など。

予算が爆発し、1年間で100万ユーロが爆発することを除いて、必然的に、私たちは公共の照明削減を延長するという疑問を自問します。「2つの地域で事実のテストがありました」とダニー・ジョリーは言います。「数ヶ月でわずかに高速に移行する必要があります。」

Nantes Métropoleによると、もう1つの優先事項はLED照明の変更です。これにより、街路灯あたり70〜80%の消費を削減できます。

パリ15区のこのレコード店では、ドアが開いていて、エアコンが消えています。したがって、地方自治体の細則を尊重します。売り手によると、顧客にとって重要ではないという決定。「それはすでに顧客にとってより親切だと思います。閉ざされたドアよりはましだ。このプレタポルテショップでは、通りの向こう側でも同じ意見です。「それは顧客が「ああ、店は閉まっている!」と自分に言わずに来ることを可能にします!法令については知りませんでしたが、閉じる可能性があります。流れがあるかどうか、そしてエアコンにもよります。他の商人は、この電話店のように、閉じたドアが顧客が入るのを妨げるとは思わない:「私は彼らが他のすべてのものと同じようにそれに慣れると思います。とても暑かったが、エアコンがあっても閉店を余儀なくされた。開けたままにしておくと暑すぎた。だから彼らはドアを押して、とてもよく理解した。商売所の宝石店で、セールスウーマンは上司の指示にもかかわらず、ドアを閉めることに決めました。「私はそれを閉じました。エアコンがあるので、私にとってはエアコンがあるときにドアを開けないのは理にかなっています。しかし、私はそれを開いたままにしておくことになっています。だから私には権利がありませんが、とにかくやります。ドアを開けたままにしておくことで、商人は最大150ユーロの罰金を科せられる。政府はこの禁止を全国的に一般化しなければならない法令を準備している。これは、アニエス・パニエ・ルナシェ生態学的移行大臣によって示されました。

https://www.rfi.fr/fr/france/20220726-france-certaines-villes-coupent-l-éclairage-public-la-nuit-pour-faire-des-économies

メールマガジン購読
Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 640