TVA(付加価値税)の引き下げ実現

7月1日より、歴代の政権が約束し懸念になっていた外食産業へのTVA(付加価値税)の引き下げがようやく実現された。

これまでTVA(Taxe sur la Valeur Ajoutee)は19.6%だったのが、5.5%まで引き下げられる。メニューの価格を下げるかどうかは任意性でレストランのオーナー次第だ。7品目のメニューの値下げを実施するレストランには専用のロゴが貼られ、消費者にとってもわかりやすいアピールが行われる。

税収が減る分、総額23億ユーロを国が負担することになるが、その代わりに、外食業界は新規雇用40,000人を2011年までに生み出すことを約束している。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 次世代原子炉が元凶フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  2. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  3. 世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  4. 今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  5. ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  6. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  7. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
ページ上部へ戻る