78歳で亡くなったフランスの元実業家で大臣のベルナール・タピエ氏が、今週月曜日のフランスの新聞の一面を飾っています。フォトモンタージュ RFI / Adriana de Freitas

フランス新聞のヘッドライン:タピィの千年の生涯

“The thousand lives of Tapie “という平凡なタイトルを、7つの地方日刊紙のコーラスが、その運命が平凡ではなかった男のために取り上げたのだ。「彼は、事故、刑務所、砂漠の横断を乗り越えたが、癌に対しては何もできなかった」とLe Progrès誌は言う。”Tapie le Battant “は、「Le Parisien」に15ページにわたって掲載され、フランスの自営業者の中でも最も率直な人物の功績と挫折を描いています。”The End of an Ambition “は、20分を見ます。ル・フィガロ紙は、「嫌われたり慕われたりしたこの並外れた人物は、プロとしてのキャリアの奇抜さによって、その時代を特徴づけたことでしょう」と述べています。論説家のイヴ・トレアードは、「タピーは勝つために一生をかけて走った……皮一枚になった最後まで、彼はレーシングバイクに乗り続けた」と語っている。「会社の役員、国会議員、大臣、サッカークラブの社長、囚人、歌手、俳優など、さまざまな顔を持っていた」とル・モンド紙は伝えている。そう、彼は千の命を持っていたわけではなく、自分自身に鞭を打っているのです。”He was a flamboyant jack-of-tallades”。レゼコー誌では「破天荒」と評され、「パイロット、セールスマン、バイヤー」など、様々な仕事をこなしていたことになる。ル・ブルジェ出身の「ラ・コートヌーブの子」は、「レジリエンスを人生の原動力にしていた」と経済紙は書いている。彼は経済界と政界の “ベル・アミ “であり、無一文からスタートして社会の頂点に立った(中略)彼はフランスの起業家精神に新しい息吹を吹き込んだ」と、Les Echos紙はまだ信じたがっている。

つまり、とんでもない運命なのである。

モーパッサンは「レゼコー」に、デュマは「ル・モンド」に召集された。誰もが自分の参考になるタピーの話をしています。実際、何人の命があるのか?「少なくとも100人はいる」と夕刊紙に書かれていたが、「Tapieはエドモン・ダンテスと比較されることを望んでいた」と、彼の物語は不正、復讐、救済を象徴している。”He was a phenomenon…Tapie was out of his league”, for Les Dernières Nouvelles d’Alsace. 東方神起は、彼をツール・ド・フランスの神話的な峠になぞらえている。しかし、マルセイユではマフィアの登録をしている。ラ・プロヴァンスの「ボスのために泣く」。マルセイユ人の中でも最もパリジャンらしい彼は、マルセイユに埋葬されることを希望している。「沸き立つベロドロームを追悼の礼拝堂にできるのは、タピエ以外に誰がいるだろうか」と南仏の日刊紙は問いかける。

ただし、ベルナール・タピエは他のフランスの新聞社にとっては聖人とは程遠い存在でしたが…。

Libération誌は「For billions and for worst」とまとめています。Libération誌は、中央アフリカ共和国での「ナナール」の不名誉なエピソードを紹介しています。”1979年、タピエはジャン・ベデル・ボカッサの不動産をその価値の10%で取得した…。彼は退位した皇帝に、彼らがフランスの司法機関に捕らえられることを説得した。ただし、ただし、これはタピーの「詐欺」であって、最後ではない。私は200回、黄色い線に足をかけたことがある」とタピィはリベに語ったことがある。しかし、私の出身地では情状酌量の余地がありました。タピエは、経営難に陥った企業を1フランで買収することを専門としていた。”債権者を一掃し、利用可能な不動産を回収する “というのがミソだった。

怪しいと言いましたか?”ビジネスにはもう倫理はなく、死闘であり、悪い行動をすることが義務づけられている。いずれにしても、報道機関では「このジョーカーはやり方を知っていた」ということになる。

「リベラシオンは、「なぜそのような寛容さが必要なのか?メディアパルトによると、「彼は、海に沈む前の豪華なヨット(フォセア号)に、一連の報道関係者やジャーナリストを招待する習慣があった」という。

タピエと彼の死によって、「過去の世界が崩壊する」(ル・モンド紙)という。ビジネスの世界」、リベとメディアパートを思い出す。VA OM事件、クレディ・リヨネ事件……しかし、結局タピエは、「見ようとしなかったフランスの鏡」だったと、リベは再び書いている。”同情的な盗賊 “に同調することで、すでに将来を憂慮していた過渡期のフランス。

彼らもまた、怪しげな財産を築き、新たな世界的スキャンダルの中心にいることを知る。

コードネーム:Pandora Papers、「新しいパンドラの箱」にちなんで(国際版ウェブサイトCourrierによる)

いずれにしても、タックスヘイブンにある14の企業に関する機密データが新たに大量に流出したことで、数百人の公務員(35人の国家元首と130人の億万長者)の秘密が明らかになったと、160のメディアとICIJのコンソーシアムに所属する「ル・モンド」紙は伝えています。「この金持ちと権力者の悪夢…その日がやってきた」と、ル・モンド紙は語っています。

ドミニク・ストロス・カーン氏、レバノンのミカティ首相、ヨルダン国王、ボンゴ大統領、コートジボワールのパトリック・アチ首相、コンゴ・ブラザビルのサッスーンゲッソ大統領。ル・モンド紙によれば、「目を見張るような在庫」であり、「タックスヘイブンで、これらの国家元首は、政治的危険に対する生命保険を買っている」とコメントしています。

パンドラ・ペーパーの初日の前菜です。この新しい調査は、まだ始まったばかりです。

シェアしよう!