5G用スマートリフレクター

フランスのスタートアップ企業が、電磁波を自在にコントロールできるスマートリフレクター技術を開発しました。特にエネルギー消費量とコストの高い中継アンテナを多重化することなく、Wi-Fi、人工衛星、レーダー、さらには5Gからの電波をリダイレクトすることができます。

屋内や都市部では、電話やインターネットボックス、Wi-Fi、あるいは5Gのアンテナから発せられる電波によって、ますます過負荷になっています。このため、携帯電話やパソコンがつながりにくくなることがよくあります。この現象は、壁の間に挟まれた波が四方八方に跳ね返るためである。また、家具は電波の受信状態を良好に保つ妨げになります。しかし、2016年に設立されたフランスのスタートアップ企業Greenerwaveは、その構造がリアルタイムで再構成され、5Gの電波を自動的に受信機に向ける小さなタイル状の表面を開発し、この問題を解決しています。

家具や機械などの障害物があると、信号源と受信機の間で直接通信ができなくなるため、接続に問題が生じるのです。このような問題を避けるため、現在では多くの局が電波を発信している。しかし、この方法では、インフラコストが大幅に増加し、基地局が大量のエネルギーを消費するため、環境にもよくありません。私たちのイノベーションは、波の反射をコントロールすることができるインテリジェントな素材に基づいています。このマイクロミラーは、小さなセルでできており、小型電子部品の助けを借りて形を変え、電波のビームを方向転換させる。この技術は、複雑な環境での5Gの受信に適しているだけでなく、衛星との接続にも適しています。この新しい低コストアンテナは、現行システムと比べて5〜6倍の消費電力で、非常に低い消費電力で最適な電波受信を実現します。

具体的には、グリーンウェーブのインテリジェントリフレクターの表面を、自由に変形できる液晶で覆っています。ピクセル」と呼ばれるこのマイクロミラーは、低電圧の影響を受けて形状が変化する。電子機器に組み込まれたソフトウェアで管理され、接続したい機器に直接電波を振り向けることができるのです。衛星信号の超高感度平面アンテナ、ショッピングカートで購入した商品の即時課金のためのコネクテッドバーコード、工場ロボットの制御、自律走行車のレーダー波の受信など、この種のデバイスは産業環境、オフィス空間、5Gのミリ波で飽和状態になるであろうあらゆる環境に適しています。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/nouvelles-technologies/20220716-les-réflecteurs-intelligents-de-la-5g

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks