ポルノサイトへのアクセス:「広告が早く実現することを願っています」

フランス政府は、年齢認定制度を課すことで、未成年者がインターネット上のポルノサイトにアクセスすることを禁止したいと考えています。子育てとデジタル教育の天文台(オープン)の創設ディレクター、トーマス・ローマーへのインタビュー。

[ja] INV_FRA_06-02-23_-_Thomas_Rohmer.mp3 – powered by Happy Scribe

フランスにて。先ほどお伝えしたように、政府は今週、18歳未満の人々がインターネット上のポルノコンテンツにアクセスするのを防ぐための計画を発表する予定です。トーマス・ロマーさん、こんにちは。あなたは、ポルノサイトを閲覧する未成年者の親権とデジタル教育の観測所の創設者兼所長です。どれだけ伸びているかというと、実は今に始まったことではないのです。

スマートフォンを初めて手にする年齢がどんどん若くなり、フランスの平均的な子どもは10歳前にスマートフォンを手にしているという事実もあり、どんどん大きくなっているのです。つまり、すべてがリンクしているのです。つまり、これらのサイトがスマートフォンで簡単にアクセスできるようになったことを考えると、若い人ほど早くこれらのデジタルツールにアクセスすることができるようになったということです。

だから、どんどん増えていくし、どんどん早くなっていく。

これが、私たちの目に映るのです。私たちは、現場で予防や介入をすることが多いのです。数年前、中等教育機関への介入を依頼されたことがあります。今、残念ながら、小学校への介入を求められています。

だから、ポルノ画像やビデオを見ることが未成年に与える破壊的な影響を忘れないようにしよう。子供にはどうなんだろう?

まあ、実際には年齢にもよるんですけどね。幼い子どもの場合、それがトラウマになることもわかっていますが、それは、こうした映像が、本人に警告されることなく、あるいは少なくとも本人が期待することなく現れることが多いこと、そして何よりも、本人が愚かなことをしたという感覚を持つことが多いことでも説明できます。だから、親にも大人にもその話をすることはない。

つまり、そのものの異常さに気づいているのです。

そうそう、もちろん、試しに若い人たちの中でイメージを熟成させるんです。幼い子どもにとってのこの種のイメージは、とにかく自分たちの向こうに何かがあることに気づくのだが、それを言葉にするのは非常に難しいという暴力的なものだ。だからこそ、親はこのような悲しい事態を想定して、それが起こりうることを述べ、子供との対話の場を設け、何よりも「叱らないよ」と伝えることが必要なのではないだろうか。もし、そうなったら。

この現象に対抗するために親が果たすべき役割については、また後ほどご紹介します。しかし、今後の政府の発表をどう受け止めるか。最後に、18歳未満のポルノサイトへのアクセスを禁止するこの計画ですが、これでいいのでしょうか?

まあ、聞いてください。これは、私たち協会が7年以上もこの戦いを続けてきたことと一致するもので、喜ぶべきことです。法律を成立させるために、議員さんと一緒に仕事をしました。私たちは、世界で最も重要なポルノサイト5社のブロッキングを要求するために、この問題を法廷に持ち込みました。そして、確かに少し引きずっていることがわかりますので、良い方向に進んでいることを喜ぶしかありません。今は、今のところあまり具体的なものが発表されていないので、もう少し具体的な発表が待たれるのは事実です。

これまでは、これらのポルノサイトにアクセスできる年齢であることを約束すれば十分でした。政府は、ユーザーの年齢を本当にコントロールしたいのです。実際にどうすればいいのか。簡単なことではないと想像しています。

いいえ、単純ではありません。なぜなら、その背後には、データ収集がどのように行われ、どれが正当であるかという永遠の論争があるからです。このようなポルノサイトを訪れる人は、自分の名前が必ずしもポルノサイトの訪問に結びつかないことを望むのが道理です。ところが、そうではない。私たちは、緊急の必要性があり、データ収集と児童保護の間に階層を作ることは恥ずべきことだと考えています。法律があるんです。一刻も早い適用を求めます。そして、ここにシャーロットがいる。彼女は数週間前、技術的な解決策が見つかるのを待つ間、第一段階として銀行のカード番号を導入するよう要求し、非常に現実的な態度を示していたのである。しかし、時間がかかっているのは事実なので、早く発表されたことが現実になるように期待したい。

先ほどおっしゃっていたご両親のことは?どんなクラブで、どんな存在になれるのか、どんな役割を果たすべきなのか。どうすればいいのでしょうか?

先ほども申し上げましたが、リスクはゼロではない、ペアレンタルコントロールなどのツールを導入しても、奇跡的な解決策はない、ということを今日は意識しなければいけないと思うのです。技術的なツールということですが、奇跡的な解決策はありません。特に幼い子どもに対しては、罪悪感を軽減させ、もしものことがあっても自分は被害者であり罪ではない、絶対に大人に相談できるはずだと思わせることで、起こりうることを登録できるように準備することが、簡単ではないにしても、親の役割だと私も思っているんです。なぜなら、トラウマが子どもたちに最も大きな影響を与えるのは、これらのイメージが語られないままであることが多いからです。ですから、親は客観的かつ明晰に、ますます幼い頃からこの問題に取り組む必要があるのです。

対話だから、親側にも効果がある。でも、スマートフォンの話でしたね、スマートフォンは校庭にあります。学校も、この問題に対する意識を高め、教育する必要があるのではないでしょうか?

ジャン=ミシェル・ブランカーが教育大臣に就任したとき、学校でのスマートフォンの使用を禁止するという、なかなか気の利いた法律を成立させました。その後は、教育のシンボルとして。もちろん、その後にです。これらのテーマについて、子どもたちへの教育や啓発が不可欠であることは、私もまったく同感です。しかし、20年前からこのような問題を話しているので、少なくとも言えることは、フランスではあまり効果がないということです。そして、もっとうまくやれると思います。そしておそらくそれは、若者のデジタルな行為に関連して、道徳的で汚名を着せるような歯止めをかけることでもあるのでしょう。そして、教育の一貫性を取り戻すために、大人の姿勢を問うこと。

ありがとうございます。トーマス・ロマーさん、RFIへのご招待をお受けいただきありがとうございます。あなたが「親学とデジタル教育の観測所」の創設者であり所長であることを再認識します。

ありがとうございます。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/invité-france/20230206-accès-aux-sites-porno-espérons-que-les-annonces-se-concrétisent-rapidement

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1738
Enable Notifications OK No thanks