SNS工場が盛んな国、マレーシア

トロール農園が盛んな国、マレーシア

(トロールとは、攻撃的または挑発的なオンライン投稿(オンライン投稿)を意図的に行う人々のことです。)

 

マレーシアでは、Facebook、Instagram、WhatsAppを運営するMeta社が、操作のために連携した偽アカウント群である最大のトロール工場を発見したと発表しています。

 

FacebookやInstagramの親会社であるMetaの発表は、マレーシアの人たちをそれほど驚かせません。多数の偽アカウントを使い、集団でネット上の意見に影響を与えるような行動をとる人たちの名前もあるそうです。彼らは「サイバートルーパー」と呼ばれ、大規模な汚職事件に巻き込まれたナジブ・ラザク元首相とロスマー夫人のように、広範囲に利用する政治家もいます。法廷では、ロスマの側近が2020年に、彼女をオンラインで守るための「サイバートルーパー」の軍隊を雇うために2万4000ドル以上が費やされたことを明らかにした。

さらに驚くべきことに、このサイバー部隊の中には、「ドラゴンの母」と呼ばれるSyarul Emaのように、公人にまでなった者もいるのだ。2013年の時点で、このマレーシア人は80人の「サイバー部隊」を率いて、ナジブ政権の政策を擁護する何千もの偽のプロフィールを操縦していた。 この「ドラゴン」の「母」はこの件で刑務所には行かなかったが、その後彼女は態度を変え、ついに野党に加わり、女性支部長にまでなっていたのだ。

マレーシアの警察が関与

Facebookによってトロール工場が特定された他の2つの国、イスラエルとロシアは、海外の視聴者を対象としていました。Facebookの今回の四半期報告で、驚くべきは、トロール工場のオーディエンスの規模であり、また、トロール工場の地域的な焦点である。

メールマガジン購読

偽アカウントは主にマレーシアの現政権を宣伝し、野党に対して汚職の疑惑をかけました。さらに驚くべきことに、Facebookの報告書には、このマレーシアのトロール工場が、その行動を擁護するマレーシアの警察とつながっていると書かれている。この情報は国内を騒然とさせ、警察は関連性を否定し、一部の野党議員は国会での調査を要求しているが、無駄なことである。

答えを求めるマレーシア人

反偽情報NGO「Faqcheck」の代表であるKhalil Majeed氏にとって、現状では、「これらのアカウントで何が行われたのか、その資金はどこから来たのか、誰が担当していたのか、目的は何なのか」という多くの疑問が残っています。これらの質問にはすべて答えるべきだと思います。市民は、警察がなぜこのようないわゆる「サイバートルーパー」を必要とするのか、もし使うなら誰をターゲットにしているのかを理解したいと思う。その理由は重要なので、Facebook側としては、彼らの情報を共有することが賢明であり、透明性を確保することが順序であると思うのですが、いかがでしょうか。

Facebookの報告書は、確かに詳細があまり書かれていませんが、問題の荒らしは、昼休みを除く平日に主に活動していたことが書かれています。

https://www.rfi.fr/fr/technologies/20220811-des-faux-comptes-liés-à-la-police-malaisienne-repérés-sur-les-réseaux-sociaux

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks