TikTok調査委員会:「不透明度は他のソーシャルネットワークよりも大きい」

フランスの上院議員の視界にあるTikTok。北京の利益のためにスパイ活動とプロパガンダで告発された中国のソーシャルネットワークの運営に関する調査委員会が開始された。Les Indépendants – République et territoires(LIRT)グループによって要求されたこの委員会は、1ヶ月以内に作業を開始する予定です。Allierの上院議員であり、Les Indépendantsグループの会長であるClaude Malhuretの説明。

TikTok調査委員会:「不透明度は他のソーシャルネットワークよりも大きい」 – powered by Happy Scribe

現在、世界で最も普及しているアプリケーションです。TIC Tocのパワーは欧米を心配させている。アメリカでは、公務員がチックトックを使うことが禁止されたばかりです。フランス上院は、中国のソーシャルネットワークに関する調査委員会を発足させる予定です。クロード・マデュライさん、こんにちは。元大臣で、現在は上院議員、レ・インデペンデントグループの代表をされている方です。この調査委員会の設立の原点は、あなたにあります。TIC Tocについて知りたいことは何ですか?

アメリカでもヨーロッパでも、新聞社や政府、インターネット規制当局からの懸念や非難が高まっているため、かなり多くなっています。しかし、その結果、数日前、CEOであるTIC Tacの教授が欧州委員会の4人弱の委員に迎えられ、自分たちのアカウント、機密保持の尊重や中国を含むデータ転送に関する問題、モデレートが十分でないオンラインのヘイトスピーチ、児童ポルノやテロコンテンツの流布との戦いについて話したのだそうです。そして、ソーシャルネットワークにとって常に問題となるアルゴリズムの透明性ですが、tictacでは他の場所よりもさらに問題になっています。ですから、ご覧のように、たくさんの、たくさんの、たくさんの非難、たくさんの疑惑があるのです。米国では、数ヶ月前に可決された法律により、スパイ活動の恐れがあるため、公務員がTIC Tocネットワークに接続することが禁止されています。

そして、もちろん、CNIL は、すでに数日から 5 年間、RGPD を尊重しないため、500 万ユーロの罰金を宣告した、つまり、そのサイト上のデータとクッキーの機密性を言うことです。それはたくさん、たくさん、たくさんあって、もう少しはっきり見えるようにしたいと思います。結局、最も不変なのは不透明さであり、他のソーシャルネットワークのそれよりもさらに大きい不透明さであり、それはすでにかなり素晴らしいことなのです。

スパイの疑いでフランスの諜報機関がTIC Tocに取り組んでいるのか?

だから、これは調査委員会が調べるべきことのひとつかもしれない。今のところ、わかりません。また、言うまでもなく、フランスの諜報機関が一定のテーマで活動している場合、必ずしもそれを公表しているわけではありません。しかし、ほとんどの民主主義国家では、これは明らかに諜報機関の版図ですから、そうでないなら驚きです。特にソーシャルネットワークからの情報漏えいの可能性、特に中国企業からの情報漏えいの可能性に取り組んでいます。中国の法律では、すべての企業、すべてのソーシャルネットワーク企業かどうかにかかわらず、中国の情報機関に協力することが義務付けられています。したがって、たとえ嫌でも、中国政府が要請すれば、トップは情報機関に協力する義務があるのです。ですから、フランスの情報機関が、他の機関と同じように、この件に取り組んでいなかったとしたら、驚くべきことです。

この場合、上院がもたらす付加価値とは何でしょうか?TIC Tocをめぐる議論の広報である。

ですから、第一の付加価値は、単なる情報提供の任務ではなく、調査委員会であることだと言えると思います。すべて、召喚されたすべての人々に影響を与え、召喚に応じる義務があります。これが1点目です。その日は釣りをしているとか、診断書を持っているとか言ってはダメで、出頭の義務があるのだそうです。

TIC Toc.のCEOでさえも

ストップ・フランスと決めた人、彼は強い。

いいですね。

もちろん、このフランス上院の調査委員会を召集して、中国のCEOを召集することはできませんが、フランスでフランス企業のために働いている人たちはすべて召集されます。2つ目は、調査委員会です。召喚された人は宣誓して証言し、もし証言したら、かなりの罰則がある。そして最後に、調査委員会です。これは、ドキュメントをチェックする、つまり製品の本社に行き、特に研究と事務を区別して、一定の点数をチェックすることができます。ということは、結構な時間ですね。査問委員会は重大な問題です。そして、そうなのです。

長い目で見れば、例えばアメリカのように、役人がTIC tocを使うことを禁止するような勧告をすることも可能だと?

一般に、調査委員会は結果を出すことを目的としているので、当然ながら勧告を出すことになるが、調査委員会は3月に会合を始めるので、まだ活動を始める前から勧告がどうなるかを言うのは時期尚早だろう。それこそが調査委員会の設立の理由なのでしょうか?ですから、今日は言えませんが、もちろん結論が出れば、そしてそれはファイルを棚に上げることではなく、勧告をすることであることは明らかです。

RFIの質問に答えたにもかかわらず、クロードさん、どうもありがとうございました。12時、パリは12時40分です。

現在、世界で最も普及しているアプリケーションです。TIC Tocのパワーは欧米を心配させている。アメリカでは、公務員がチックトックを使うことが禁止されたばかりです。フランス上院は、中国のソーシャルネットワークに関する調査委員会を発足させる予定です。クロード・マデュライさん、こんにちは。元大臣で、現在は上院議員、レ・インデペンデントグループの代表をされている方です。この調査委員会の設立の原点は、あなたにあります。TIC Tocについて知りたいことは何ですか?

アメリカでもヨーロッパでも、新聞社や政府、インターネット規制当局からの懸念や非難が高まっているため、かなり多くなっています。しかし、その結果、数日前、CEOであるTIC Tacの教授が欧州委員会の4人弱の委員に迎えられ、自分たちのアカウント、機密保持の尊重や中国を含むデータ転送に関する問題、モデレートが十分でないオンラインのヘイトスピーチ、児童ポルノやテロコンテンツの流布との戦いについて話したのだそうです。そして、ソーシャルネットワークにとって常に問題となるアルゴリズムの透明性ですが、tictacでは他の場所よりもさらに問題になっています。ですから、ご覧のように、たくさんの、たくさんの、たくさんの非難、たくさんの疑惑があるのです。米国では、数ヶ月前に可決された法律により、スパイ活動の恐れがあるため、公務員がTIC Tocネットワークに接続することが禁止されています。

そして、もちろん、CNIL は、すでに数日から 5 年間、RGPD を尊重しないため、500 万ユーロの罰金を宣告した、つまり、そのサイト上のデータとクッキーの機密性を言うことです。それはたくさん、たくさん、たくさんあって、もう少しはっきり見えるようにしたいと思います。結局、最も不変なのは不透明さであり、他のソーシャルネットワークのそれよりもさらに大きい不透明さであり、それはすでにかなり素晴らしいことなのです。

スパイの疑いでフランスの諜報機関がTIC Tocに取り組んでいるのか?

だから、これは調査委員会が調べるべきことのひとつかもしれない。今のところ、わかりません。また、言うまでもなく、フランスの諜報機関が一定のテーマで活動している場合、必ずしもそれを公表しているわけではありません。しかし、ほとんどの民主主義国家では、これは明らかに諜報機関の版図ですから、そうでないなら驚きです。特にソーシャルネットワークからの情報漏えいの可能性、特に中国企業からの情報漏えいの可能性に取り組んでいます。中国の法律では、すべての企業、すべてのソーシャルネットワーク企業かどうかにかかわらず、中国の情報機関に協力することが義務付けられています。したがって、たとえ嫌でも、中国政府が要請すれば、トップは情報機関に協力する義務があるのです。ですから、フランスの情報機関が、他の機関と同じように、この件に取り組んでいなかったとしたら、驚くべきことです。

この場合、上院がもたらす付加価値とは何でしょうか?TIC Tocをめぐる議論の広報である。

ですから、第一の付加価値は、単なる情報提供の任務ではなく、調査委員会であることだと言えると思います。すべて、召喚されたすべての人々に影響を与え、召喚に応じる義務があります。これが1点目です。その日は釣りをしているとか、診断書を持っているとか言ってはダメで、出頭の義務があるのだそうです。

TIC Toc.のCEOでさえも

ストップ・フランスと決めた人、彼は強い。

いいですね。

もちろん、このフランス上院の調査委員会を召集して、中国のCEOを召集することはできませんが、フランスでフランス企業のために働いている人たちはすべて召集されます。2つ目は、調査委員会です。召喚された人は宣誓して証言し、もし証言したら、かなりの罰則がある。そして最後に、調査委員会です。これは、ドキュメントをチェックする、つまり製品の本社に行き、特に研究と事務を区別して、一定の点数をチェックすることができます。ということは、結構な時間ですね。査問委員会は重大な問題です。そして、そうなのです。

長い目で見れば、例えばアメリカのように、役人がTIC tocを使うことを禁止するような勧告をすることも可能だと?

一般に、調査委員会は結果を出すことを目的としているので、当然ながら勧告を出すことになるが、調査委員会は3月に会合を始めるので、まだ活動を始める前から勧告がどうなるかを言うのは時期尚早だろう。それこそが調査委員会の設立の理由なのでしょうか?ですから、今日は言えませんが、もちろん結論が出れば、そしてそれはファイルを棚に上げることではなく、勧告をすることであることは明らかです。

RFIの質問に答えたにもかかわらず、クロードさん、どうもありがとうございました。12時、パリは12時40分です。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/invité-france/20230210-commission-d-enquête-sur-tiktok-l-opacité-est-plus-grande-que-celle-des-autres-réseaux-sociaux

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1690
Enable Notifications OK No thanks