英国、フランスは「雇うハッカー」の脅威に取り組むためにサイバーセキュリティ会議を開催する

英国とフランスは、「雇うハッカー」とサイバー攻撃ツールの拡大市場に取り組むために、ロンドンでの最初の会議で35カ国、企業やテクノロジーリーダーをホストしています。

アップル、BAEシステムズ、グーグル、マイクロソフトなどのテクノロジー大手の代表者は、火曜日に英国の首都で始まった2日間のイベントに出席しています。

会議では、サイバースヌーピングと攻撃ツールの商業市場と「国際安全保障、人権、サイバースペースの安定性に与える脅威」に対処する方法を検討します。

ロンドン会議に参加する政府と企業は、これらの潜在的に危険なツールの使用を規制するための共同行動を約束する「Pall Mallプロセス」と呼ばれる宣言に署名する予定です。

参加者は、2025年にパリで最新のサイバーセキュリティの課題の進化について話し合うために再び会う予定です。

このロンドンとパリの共同イニシアチブは、国家主体、犯罪グループ、活動家からサイバースペースで特定されたリスクに加えて、民間部門からの法的脅威も問題になっているという観察に基づいています。

2日間のフォーラムでは、プロのハッカーが新しい技術をどのように展開し、敵対国や産業スパイの利益のためにどのように使用しているかについても検討します。

しかし、主催者は、目的は国家安全保障を保護するためにも使用できるこれらのツールを禁止することではなく、犯罪目的での誤用と戦うことであると強調している。

英国の国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)によると、サイバー監視と攻撃ツールの商業市場は10年ごとに倍増している。

「雇うためのハッカー」

NCSCオペレーションディレクターのポール・チチェスターは、悪意のあるサイバーオペレーションを行う能力に対する需要は「常に高まっている」と述べた。

彼は、「デジタル社会の完全性を維持する」ためには、繁栄するグローバルなサイバーセキュリティセクターが必要であると付け加えた。

英国政府の声明によると、「これらのツールが悪意を持って使用される場合、攻撃は被害者のデバイスにアクセスし、通話を聞き、写真を取得し、「ゼロクリック」スパイウェアを介してカメラとマイクをリモートで操作することができます。」

企業のスパイ活動やサービスを行う「雇用のためのハッカー」や、敵対国によって使用されているツールの脅威も国家安全保障を脅かしています。

「サイバーツールの悪意のある使用による脅威が高まるにつれ、国境を尊重しない問題に取り組むためには、志を同じくするパートナーと協力することが不可欠である」と、フランスとイベントを共催しているオリバー・ダウデン副首相は述べた。

https://www.rfi.fr/en/science-and-technology/20240206-uk-france-host-cybersecurity-conference-to-tackle-hackers-for-hire-threat

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks