Covid-19の症例が増加するにつれて、フランスは早期ワクチンプログラムを開始します

今週の月曜日にCovid-19に対する新しい予防接種活動が開始され、フランス政府は病気の復活に対処するためにキャンペーンを進めることを決定しました。

9月中旬、オーレリアン・ルソー保健相は「ウイルスが循環しており、私たち一人一人が私たちの周りの症例を見ることができます。流行はここにある」と、最終的にプログラムをスピードアップするという政府の決定を正当化するために発言しています。

現在までに、抗コロナワクチン接種は10月17日からインフルエンザワクチン接種と同時に展開された。

しかし、コロナウイルスは新学期のスケジュールで戻ってきて、夏の半ばに再出現した。

ウイルス監視システムはかなり合理化されているが、流行が再び増加していることは間違いない。

9月、フランスの健康リスクの監視と予測委員会は、「できるだけ早くブースターワクチン接種へのアクセス」を推奨した。

これは主に65歳以上の人、慢性疾患を持つ虚弱な人々、妊婦、介護従事者を対象としています。

一方、ブースターワクチン接種を希望する人は、最後の注射またはCovid感染後少なくとも6ヶ月を待っていれば、無料で資格があります。

ウイルス学者であり、パスツール研究所のフランス国立呼吸器感染症ウイルスセンターの責任者であるエティエンヌ・シモン・ロリエールにとって、特に病院の過負荷を避けるために、「ブースターキャンペーンを前進させるのは良い考えです」。

mRNAワクチンの優先順位付け

最新のキャンペーンでは、広範なオミクロン亜変種に適応したメッセンジャーRNAワクチンは、現在流通しているさまざまな変異体に対してより効果的であるはずであるため、以前に投与されたワクチンに関係なく、第一選択の防衛ワクチンとして推奨されています。

「更新されたワクチンは、今日流通している変異体をよりよくターゲットにすることを可能にするはずですが、設計されて以来、他のサブラインがすでに出現しています」とサイモン・ロリエールは指摘しました。

予防接種運動と並行して、保健当局は、主に感染した場合に、マスクの着用、手指衛生などのバリア対策を推奨し続けています。

しかし、流行が始まってから3年半後、このメッセージはあまりこだわっているようです。

https://www.rfi.fr/en/france/20231002-france-begins-early-vaccine-programme-as-covid-19-cases-rise

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1694
Enable Notifications OK No thanks