日本にインスピレーションを得たエコ・ファッションブランド「チパンゴ」の多文化の創造性

Cipangoは、さまざまなモバイルまたは非モバイルの旅と異なる文化からインスピレーションを得たブランドです。Paola Pimentelの衣装は、相反する2つの文化を「交配」させる手法から生み出されたものです。デザイナーはコレクションにおいて、雰囲気、時間、記憶、歴史、想像力を通して、発見と補完的な差異をたどります。

 

日本にインスピレーションを得たエコ・ファッションブランド「チパンゴ」の多文化の創造性| アンテンヌフランス

[ja]チパンゴまたはパオラ・ピメンテルの多文化の創造性 – powered by Happy Scribe

そしてRFI100%クリエーション。セシル・コンパニーマリア・アフォンソ

今週の日曜日は、Paola Pimentelと一緒に文化的な探求を通じたファッションを楽しみましょう。彼女のレーベルCipangoは、移動と非移動の異なる旅と異なる文化からインスピレーションを得ています。その中でピメンテルは、相反する2つの文化を融合させる手法を適用しています。デザイナーはコレクションにおいて、雰囲気、時間、記憶、歴史、想像力を通して、発見と補完的な差異をたどります。

クリエイションが絶対的なすべてです。私にとって、自分の人生を創ること以上に大切なことはありません。

メールマガジン購読

Cipangoのクリエイター、Paola Pimentel氏。

Cipangoはマルコポーロを呼び戻した日本の古代中国語名です。また、私の祖父へのオマージュでもあります。この名前を選んだのは彼だった。このような文化への思いを込めたネーミングは、かなり考えました。そして、それはむしろ当然のことなのです。なぜなら、多文化主義全般に参加したキャラクターの軌跡をたどることは、日本からインスピレーションを得た私の最初のコレクションのベースでもあるからです。

デザイナーのパオラ・ピメンテルは、幼少期をドミニカ共和国で過ごしました。6歳でフランスに到着。物心ついたときから、洋服をデザインして作りたいと思っていたそうです。そこで彼女は、2021年10月にブランド「Cipango」を立ち上げるまで、この目標に向かって勉強を続けてきました。パオラ・ピメンテルは、女性や男性に新しいひねりを加えたドレスを提供します。

私のコレクションはすべて、まったく異なるものです。全く関係のない文化を使っているのです。例えば、第1集は日本とアメリカについてです。セカンドコレクションは、アフリカをテーマに、60年代のフレンチフューチャリスティックなインスピレーションを取り入れたものです。半年に一度、私の顧客は、新しい色、新しいクリエイティブな服、普通では考えられないようなものを持ち込んでくるのです。最初のコレクションのときから、私のレディースの服を着たがる男性、私のメンズの服を着たがる女性がいることに気づいていました。そして、今日、衣服にラベルを貼ることは、男性用でなければならない、女性用でなければならないということで、美しいと思うのです。だからみんな好き勝手にやっているわけで、だから夫婦で同時に行進することにしたんです。それは、ドレスが片方の性別だけでなく、もう片方の性別にも適応できることを示すためです。本当に男にも女にも書いてあった。違う意味で。

もちろん、でも、それを着ている人は、必ずしもすごく贅沢をしているわけではありません。それにしても、彼の格好と存在感には、ある種のカリスマ性があった。

パオラ・ピメンテルは、クリエイティブで多文化的な方向性を持ち、服は異文化を旅するものであり、パリで生産され、環境に優しいものであることを追求しています。

今回のコレクションでは、生の素材を使ったラインを作りたかったので、大手ファッションハウスから素材を回収しました。法律ができたので、もう捨てることはできないのです。だから、この原料を大量に買い戻して生産している。当面は、必ずしもテキスタイルの上限が決まっているわけではないので、限定シリーズとなります。でも、ある時、あるシャツの需要があり、生地が増えたら、少し違う生地になるかもしれませんが、見つけた商品は必ずリニューアルしようと思っています。

rfi frの100%クリエーションコラムとポッドキャストで、配信しています。

創造は私にとって絶対にすべてです。私の人生の創造ほど重要なものはない。

Cipangoの創作者、Paola Pimentel

「Cipangoは、マルコポーロによって持ち帰った日本の古い中国の名前です。それはまた、私の祖父へのオマージュであり、この名前を選んだのは彼でした。私たちは一緒にたくさん考えました、それは文化に対するこの情熱を強調することができる名前です。これは明らかであり、多文化主義全般に参加したキャラクターの旅と、日本に触発された私の最初のコレクションの基礎をたどっています。»

フランス系ドミニカのデザイナー、パオラ・ピメンテルは、ドミニカ共和国で幼少期を過ごしました。彼女は6歳でフランスに到着した。覚えている限りでは、彼女はいつもファッションで働きたいと思っていました。したがって、彼女はこの目的に研究を向けた。彼女は2021年10月にCipangoブランドを立ち上げる道を築いた。

Cipangoコレクション
Cipango Collection © Cipango

ファッションと文化の探求

パオラ・ピメンテルは、新しい息で毎日女性と男性に服を着せるのが好きです。

「私のコレクションはすべて大きく異なります。私たちはお互いに関係ない文化を組み合わせています。例えば、最初のコレクションは日本とアメリカでした。第二に、私たちは1960年代からの未来的なフランスのインスピレーションを得てアフリカにいます。半年ごとに、新しい色、少し普通ではない新しい創造的な服で、着る新しいものがあります。私は男性が私の女性の服を着たいと思い、女性が私の男性の服を着たいと思っていることに気づきました。男性服や女性の服にラベルを貼る必要がないので、誰もが好きなことができると思います。そのため、もちろん、衣服が異なる方法で両方の性別に適応することを示すために、同じドレスで同時にカップルをスクロールすることにしました。それを着た男は贅沢ではなかったが、ドレスと存在感にカリスマ性があった。」

Cipangoコレクション
Cipango Collection © Cipango

エコ責任とパリの製造業

パオラ・ピメンテルは、衣類が外国文化を巡る旅であり、パリで作られた生産と環境に配慮する多文化の創造的な方向性に従います。

「この最後のコレクションでは、アップサイクルをしたかったので、主要なファッションハウスから材料を回収しました。可決された法律があり、原材料生地のスクラップを投げることを禁止しているので、私は生産を行うためにこれらの原材料を大量に購入しました。今のところ、それらは限定シリーズですが、シャツの特定の需要があり、生地がなくなった場合、それは別の生地になりますが、私たちは常に私たちが持っているモデルを更新しようとします。」

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/100-création/20220626-cipango-ou-la-créativité-multiculturelle-de-paola-pimentel

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks